Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

今夜も過去を「綴ります」

今日は前回、10月4日の続編です。

DEFY3と帰宅後、家にだれも居ないのをいいことに、
早速初乗り&練習へ。

生まれてこのかたドロップハンドルの自転車に乗ったことが無いので、
今日が初体験の日。(淡いおもひでになることやら。)

さすがに初乗りで車の多いところは危険だと思ったので、家の周りの
車の通りが少ない、中央線の無い幅員6mの道路を走ろうと決めた。

ワクワク・ドキドキ(中山美穂が脳裏をよぎる)しながら、
自転車にまたがる。

尾骶骨の上にサドルの先端があたる。う~んサドルが高いんだねぇ。

ギアがアウタートップ近辺に入ってると、初心者は重すぎて立ちコケする可能性があるということは納車の際に教えてもらっていたので、ギアの確認を
してからそ~っとペダルを踏み出す。

う~~~~ん!軽い!スイスイ進む。

ママチャリしかしらない私はあまりのペダル軽さに驚いた。

ペダルの軽さの次にハンドルの軽さに驚かされた。

初めての体験を前に、びびったおっさんはハンドルのフラット部分を
握り走り出していた。

走り出せば当然ながら止まる必要がある。

前回も書いたが、補助ブレーキは外してあるので止まる場所より手前で、
フラット部分からブラケット部分へ恐る恐る持ち替えてみると、
力が入っていたのかハンドルがぶれた。

この時のおっさんの表情は目を大きく見開き、口はOの字。
周囲を見回す。誰も居ない。ふぅ~助かったぜぇぃ。

ハンドルも軽いっちゃねぇ~!

停止後、再び走り出す。

次に驚いたことは目線の高さ。

サドルに座った状態では足が地面に辛うじて付くくらいなので、フラット
部分を持って、背筋が伸びていれば、当然普段の目線より高い。

このまま転倒したら、結構な衝撃だなぁと感じながら、ブラケット部を
握って更に漕ぐ漕ぐ。

私の他の趣味であるウィンドサーフィンやスキーでも目線は先へ先へ
なので、自転車もそうだろうと思い、先を見つめているものの、やはり
変な力が入っていたり、ペダリングも力の違う左右の足で踏んでるだけ
なので、車体がふらつく。

「これじゃぁ車道は走れんなぁ」と思っていたら、片側1車線の道路へ。

横断した先は結構な下りで、下った先も片側1車線の道路。

引き返すという手もあったが、足を付いたままの状態で、えっちらおっちら
Uターンするのも変かなと思い、交通量は少ないので、意を決して左折。
片側1車線の道路へ突入。

白線に平行に走ってみようと思うも、膨らんでは寄せての繰返しで居眠り運転状態。

若干ではあるが、ふらつきが減ったので後方確認の練習でもしてみようと
思い、車の音が聞こえないので車は居ないと判断して後を振り返って見る。

「うん。車はおらん!後方OK!」と思ったら・・・

お~~~~! 何故か自分が車道の中央に寄って行く。
この時のおっさんも

OKじゃな~~~~い!
(後からプリウスが接近してたら、このブログは無かったなぁ。)

心を落ち着けるも、次なる障害が・・・
白線付近にある、小口径の枡やグレーチング等の舗装面に存在する
ちょっとした段差。

ショップの人にロードバイクはタイヤの空気圧が高いので、段差等で
リム打ちパンクが多いというのを聞いていたが、どの程度の速度で
段差に乗るとパンクするかも全く検討が付かないので、そのへんの
障害物が全てかわしながら走行すると、余計にふらつく。

さっきの後方確認の件もあり、体の緊張がいっそう高まっている感じ。
(やはり、この道路は早かったか?

そうこうしていると、嫁ちゃん・子供が帰って来る時間に近づいている。

「今日はこのへんにしといてやるか」と負け犬状態で帰宅。

家の駐車場に着いて最後のハラハラが・・・
停車と同時に足を降ろし、自転車にまたがった状態から通常の
スタンディングポジションに戻ろうと華麗に足を上げたつもりが
サドルに太腿が引っかかり、華麗どころか加齢で危うく転倒しそうになる。
(ストレッチは大事)
ここでも周囲を見回す。誰も居ない。ふぅ~助かったぜぇぃ。

ワクワク・ドキドキからハラハラ・ドキドキに変わったが、凄く楽しかったし、
少なからず無邪気になれた。

スタンドの取付けにもたついてる時に、嫁ちゃん・子供が帰宅。

嫁ちゃん「自転車来たんだ。色は白にしたんだ。青にすると思っとった。」
さすが嫁ちゃん私の好みの色を分かってらっしゃる。(青無かったと)

6歳長男坊「わ~。でかい自転車~」
明らかに無理なのに、またがろうとする。

4歳次男坊「・・・・」
何故だか、無表情で黙ってペダルを回しだす。(自転車屋さんかっ!)

一通り、家族みんなが若干の興味を持ってくれたDEFY3での
ロードバイク初体験記でした。

初体験を終えた感想は超月並みな発言ではあるが、ロードは楽しい。
私だけかもしれないが、ロードは忘れていた童心を呼び覚ましてくれる。
交通事故や自爆によるケガのリスクはあるが、乗り手が節度を持って
ルールを守れば、この先、楽しい出来事が増える様な気がしました。

これからも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
こんにちは。


今日も過去を「綴ります」(吟じます!懐かしい)

2013年9月29日にDEFY3を購入し、納車日を10月4日にしてもらった。

10月4日は金曜日。

私は普通のサラリーマン。

次の日は当然ながら土曜日で会社は休み。

そうなんです。我慢が出来ずに午後からは余っていた有休を消化
しちゃいました。

2013年10月AM

当然ながら私は会社でお仕事中。
午後に向けてバタバタと仕事を片付ける。

仕事が一段落して時計をみると12時までは若干時間が余っていた。
もうこの時点で仕事モードは終了。
気持ちはロードバイク。

そわそわ そわそわ。
キ~ン・コ~ン・カ~ン・コ~ン 昼休憩のチャイムが鳴る。 

ピンポンダッシュなみの早さで会社を出る。

ショップに向かう。(会社からショップまでは50km弱)

昼飯食わなかったぜぇ~(ワイルドだろ~

予定時刻の13:00ちょうどにショップ到着。(当然、高速使ってます。)

今日はこの前のイケメン店員さんでは無く、他の方が対応してくださった。

DEFY3とご対面。う~ん、よかよか。
(博多弁:いいねぇいいねぇって感じです。)

ワクワクしながら、店員さんの保障やショップ購入特典等の説明を聞く。

一通りの説明を聞いた後に、乗り方やプレーキング、シフトチェンジ等に
関する操作指導をしてもらう。

なるほど~これがロードバイクかぁ。楽しそうだぞ~。

操作指導が終わってから、店員さんにパーツの購入について聞かれた。

前回、契約の際はロードバイクのみの契約で他のパーツ等は何が
必要かを考えてからにしますと言っていたので、契約から今日までの
間に必要なパーツを調べていた。
そこで私にとって最低限必要な物が分かってきた。

安全用品:ヘルメット、グローブ、ライト
メンテナンス品:空気入れ、六角レンチ、タイヤレバー
パンク対策:チューブ、携帯空気入れ
(足りませんか?)

この内ヘルメット、グローブ、携帯空気入れに加えてドリンクホルダー、
保管用スタンドは私の誕生日が近いこともあり、図々しくも自分から
嫁ちゃんにおねだりしてみた。

(すみませ回想入ります)
嫁ちゃん「えっ?」(ちょっと?いや、かなり引いた感じで)

あからさまな引き具合に私もあまりせがんでもしょうがないかなと感じ、
私「じゃあ、ヘルメットだけ」

嫁ちゃん「じゃあ、ヘルメットだけね」
(「ヘルメット」を「ちょっと」に変えるといやらしい会話かなぁ?
 あっ すみません!おじさん粗相しました)


"ちょっとは「いいよ全部買っても」という返事が来るかと期待したんだが

ネットで安い所を調べていたので、とりあえずヘルメットの金額を
嫁ちゃんに伝える。
因みに、ヘルメットは高い物は買えないのでKABUTOのFIGO。
(色は当然青と白)

自転車パーツがかなり高いと思っていたのか、私が何個も物を
せがんだので高額になると感じていたのか、ヘルメットの値段を
聞いて嫁ちゃんがちょっと太っ腹になった。

嫁ちゃん「それなら、もうちょっと買っても良いよ。」



その言葉に甘えて、最初に頼んだ全ての物を買ってもらう。
(締めて1万円以内)

その他の空気入れ、チューブ、六角レンチ、タイヤレバーは色々と
ロードバイクに関して教えてくれたデポの店員さんに感謝する意味で、
デポで自腹購入。

という事で、あと急を要する物はライト
(無灯火は法律違反ですよねぇ~夜は必ず点けましょう!)
だと思い、ライトを購入して他のパーツを何気なく見ていたら、シューズが
置いてあったので、普通のシューズと何が違うのかを聞いてみると、
シューズとペダルが引っ付くそうな!
(ほんとに無知)

こけないのか?何かメリットがあるのか?疑問をぶつけてみた。

シューズとペダルが一体になることでペダルを踏むだけでなく、
引く・まわすが可能になり効率的なペダリングが出来て疲れにくくて、
速度も出易いそうな。

片道30km通勤をもくろむ私としては「疲れにくい」、「早い」という
言葉が心に響いた。

私「じゃあこれもお願いします。」(アホである)

こうして、SPDシューズとSPD用ペダルを購入。

更にサイクルコンピューターなるものが気になったので、安いものを購入。
(この時は速度、走行距離、走行時間が分かれば良いと思っていたが・・・)

納車前のパーツ取付工賃は無料とのことだったので、契約の際はドロップ
ハンドル未経験のくせに甘えちゃいかんと思い、補助ブレーキは外して
もらっていたが、ここで追加注文してペダルとサイコンを取付けていただく
という2度手間を発生させてしまった。

更に2度手間として、SPDシューズの脱着講習。
(ショップの方へは本当にお手数かけました。すいませんでした。

何とか大丈夫そうだということで、早々に講習も終了しショップを後に帰宅すると16時過ぎ。

子供が金曜日に水泳を習いに行っているので、家はもぬけの殻。

自転車を自慢げに見せ付ける人は誰もいない。(涙)

誰もいないことをいいことに、早速初乗り&練習へ。

本当はロードバイク初体験の記事にしようと思っていたんですが、
だらだら書いてしまったので、今日はこのへんで失礼致します。

これからも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

今日も過去にさかのぼって綴っていきます。

今日は昨日の続きです。
と言っても2013年9月16日の続きですが。

私の購買意欲を刺激したDEFY3の在庫の少なさから他メーカーの
自転車でも良いのではと考えたが、元々クロスバイクを購入しようと
していた私の予算では10万以上のロードバイクは無理だったので、
やはりコスパで勝るGIANTが最有力候補になっていた。

デポを後にした車中にて。

嫁ちゃん「いい自転車あった?」

私「う~ん。あったんだけど在庫が無いらしい。」

嫁ちゃん「へ~。在庫あったら買ってた?」

私「う~ん。結構な値段するからねぇ。」

嫁ちゃん「本気で買うと?」

私「うん。運動したいし、通勤で使えればガソリン代も浮くけんねぇ。」

ここで私はガソリン代が浮くという事で嫁ちゃんからの援助が無いかなぁと
期待していたが。

嫁ちゃん「かもねぇ」

と、自転車に関する会話は終了

まぁ、お父さんが望まれても無く、趣味で自転車を買おうとしている
のだから簡単に援助なんか出ませんよねぇ

そんなこんなで、ドライブの目的地である百道浜に到着。

ここは私と嫁ちゃんが結婚式を挙げた場所なので、ちょこちょこ訪れる。
(どうでもよい話ですみません)

9月中旬といえども福岡県はまだ暑いので、子供達は喜んで海で遊ぶ。

海が好きな私も当然、子供と一緒に海で遊ぶが、単調な子供の遊びに
若干飽きたところで、休憩がてらにスマホでDEFY3が置いてそうな店を
検索してみると、今遊んでいる所からすぐ近くにGINAT福岡店がある
ことを発見。

そうなると、海が好きでも海どころではなくなる。
海で遊びたい子供達と自転車を見たい私と休憩したい嫁ちゃんの
3つの欲望のバランスを取ったつもりで、GIANTストアへ。

店に入ると、店内は自転車だらけ。それもGIANT製品ばかり。(当然か)

さっきまでの海での子供達のテンションを受継いだかの如く、
お父さんのテンションは

店員さんは他のお客さんの接客で急がしそうなので、1人で物色。

嫁ちゃんは海で汚れた子供達が店内で暴れてもいけないので、
車中で待っているとのこと。

私は他人から「最初は何だか不機嫌そうだし、冷たい感じがするので
近づきにくい感じがする。」と良く言われる。
(自分の中ではそんな事無いんですが。)

そんな私が近づくなオーラをだしているのか、なかなか店員さんが来ないので、
声を掛けて質問しようとも考えたが、値段も見たし嫁ちゃんと子供が
待っているので一旦撤収。

さっきまで購入意欲が高かったのに、何故か「じっくり考えよう」と思った。

それから、9月29日までの間はいろんな事を考えた。

予算がギリギリだが、本当に買えるのか?

買うことに満足して、本当に乗り続けるのか?

通勤に使うというが、本当に30kmの通勤する程の根性があるのか?

やれるのか?おいっ!

と大した事は考えてないが、結果としては「買わんと分からん」

という事で、9月29日に再びGIANTストアへ。

今回は店に入るなり、イケメンの店員さんが対応してくれた。

ロードバイクに気持ちは固まっていたものの、念のため(何がだ)に
以前に訪れた2店でも聞いた質問を投げかけてみると、やはり答えは
ロードバイク。

車種としては距離がある通勤を考えるとレース用のTCRよりロングライド用の
DEFYが乗り方的に合っているとのこと。

やはりDEFY3か?

青のフレームがあるかを聞いてみると、適合サイズでは白と黒が残ってるとのこと。

2013年モデルでの青はもう無いので、色にこだわるなら2014年モデルになるが、
2014年モデルは為替の関係で2万円程の値上げにもかかわらず、劇的な性能の変化は
無いとの事で同じ値段を出すなら、2013年のDEFY2を買った方が良いとの事。

悲しいかな、貧乏父さんなので2013年のDEFY3でアップアップ
なので、DEFY3しか選択の余地は無い。

「じゃあ2013年モデルの白のDEFY3でお願いします!」

買ってしまった。後悔はない。絶対にジテツウしてやる。

ウィンドサーフィンの道具を買った時以来の久々の高額商品の買物でアドレナリンが
出まくっていた気がした。

納車は最短で今日の夜であれば可能との事だったが、昼は家族サービスが待っていたので
後日、日にちを決めて連絡することにした。

こんな感じでロードバイクを購入することになりました。
やっとこれからロードバイクに関することを綴っていけると思います。
これからも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

今日も過去にさかのぼって綴っていきます。

2013年9月16日
前回の記事(クロスバイクを見に行く
にも書きましたが、クロスバイクを物色しつつ、30kmのジテツウの
無謀さを何となく思い知らされたのですが、そう簡単には諦めきれんと
思い、本日はデポへ足を伸ばす。

今日は嫁ちゃんも一緒なので子供達は嫁ちゃんにお任せ。

子供たちは隣のキャンプコーナーのテントでごろ寝。

お店や他のお客さんに迷惑掛けるような行動を取って嫁ちゃんの機嫌を
悪くするなよ~と念じる。

広い店内の一角にスポーツ自転車コーナーがあるので恐る恐る
クロスバイクを物色。

先日あさひで聞いたESCAPE R3を見てみると(それしか知らない)
他のクロスバイクより若干安い。

ESCAPE R3より安いものもあるが、どこかグレードが低いんだろうな
というのが何となくではあるが私でも分かった。

そうしているとちょっと体格の良い店員さんが「クロスをお探しですか~?」
と現れたので、「そうなんですよぉ。全くの初心者ですが通勤に使えない
かなぁと思って探してるんですけど、通勤にはやはりクロスが向いて
ますかねぇ」と聞いてみる。

クロスという単語が口から出た自分に大きな成長を感じた。(笑)

そうするとやはり店員さんは距離を確認してきたので、先日あさひで
店員さんの表情を曇らせた30km通勤を伝えると、やはりここでも
空気が変わる。

ここでも30km通勤は出来なくは無いが、厳しいとのこと。
やはり無謀な考えだったのかとは思いながらも、先日聞けなかった
ロードバイクに関してというかロードバイクなら30km通勤が現実的な
ものになるのかを聞いてみた。

店員さん「ロードなら車体もクロスより軽いし、タイヤが細く路面抵抗が
     少なくなるので同じ力でスピードが出やすいから、長距離に
     なると断然有利ですけど、30km通勤をいきなりはでは厳しい
     かもですねぇ。」

私   「いきなりじゃなければ、可能ですかねぇ?」

店員さん「均しながらで気持ちがあれば大丈夫だと思いますよ。」

私が哀れに見えたのか、優しい言葉を掛けて頂いき、
何か希望の光が差した気がした。

私   「ということはロードバイクがやはりお勧めですかねぇ?」

店員さん「そうですね。距離を考えてもそうだし、以外とクロスバイクを
      購入してロードバイクに移っていく人が多いので、最初から
      ロードバイクでも個人的には良いと思いますよ。」

それを聞いた途端、単純な私はクロスバイクでは無くロードバイクを
物色していた。

どれもクロスバイクに比べるとお高い。値幅も広い。

値段の違いがフレームの材質やコンポの性能の違い等を教えて
頂きながら物色していると目に入ってきたものは青いロードバイク。

ランニングシューズを選ぶ時も書いたが(こちら)、私は青か白が好き。

その青いロードバイクはGIANTのDEFY3の2012年モデルとのこと。

クロスバイクを検討しているときも出くわしたGIANT。

今日まで知らなかったGIANT以外のメーカーはBianchi、PINARELLO、
LOUIS GARNEAU、COLNAGOなどなど、どれもおしゃれな名前。

ジャイアント・・・ ジャイアン? いかつい? 巨人?

店員さんにGIANTについて聞いてみると、コスパが良く、DEFY3は
エントリーモデルなのでこれから自転車を始める人には向いてるとのこと。

とにかく、店員さんのお墨付き?ということもあり、浅知恵な私は
これまでに店員さんから教えて頂いた知識で自転車を購入する知識は
得たと思い、早速購入しようかと思っていた。(やはり浅知恵)

そんな中、同じDEFY3でも値段の違うものを発見。(価格差+2万円)

何が違うのか伺ってみると、2012年と2013年の年式違い。

年式が違うとどう違うのか更に伺ってみると、一番大きな違いは
2012年モデルは親指シフトアップのレバーということで下ハンドルを
持ってのシフトチェンジが出来ないが、2013年モデルはシフトレバーが
上位機種と同じなので、下ハンドルの状態でもシフトチェンジ可能との事。

ふむふむ。

当然ながら、幼少の頃からドロップハンドルを握った事も無く、
ロードバイクに乗った事も無い私には下ハンドルを握ってシフトチェンジを
する事が大切かどうかも分からないが、何となく慣れてくれば不便に
感じるものかもしれんなぁと考えた結果、2013年モデルに決める。
(浅知恵ならでは?)

店員さんに自分の意思を伝えたが、私の体に合うサイズが無いとの事。

他の店舗の在庫も調べて頂いたが、好きな青や白は無く、
黒1台のみ1店舗だけに在庫があるとのこと。

在庫の少ない理由は2014年モデルが発表されており、モデルチェンジの
時期の為、古くなる2013年モデルは少なくなっているとの事。

上がってきていた購買意欲のクールダウンを余儀無くされるはめに。


暴れまわる子供達にてんてこ舞いの嫁ちゃんを待たせるのも悪いし、
この後にドライブに行く予定だったので、店員さんにお礼を言い店を後に。


この日はこの後も続くのですが、長くなってしまったので又明日とします。

毎日記事を綴れている自分に驚いています。
最低でも記事が現在に追い付くまでは頑張りますので、
宜しければお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんにちは。

今日も過去にさかのぼって綴っていきます。

前回綴りました通り、通勤&日々の運動を目的にクロスバイクが
欲しくなり先ずはショップで自転車を見てみようと思いました。

2013年9月14日

どの車種がいいというのは無く、値段がそこそこ安くてデザイン的に
気に入ればよかろうもん!くらいの感覚でサイクルベースあさひと
スポーツデポが家から5kmくらいの所にあるので退屈している子供達を
連れて面倒見てる素振りを嫁ちゃんに見せつつ、車で行ってみる。

まずは、あさひ。

1階にはママチャリがずらりと並び、隅っこに自転車パーツがぽつりと。
目当てのものは2階だなと思い、意気揚々と子供達と2階に上がる。
上がってみると、2/3は子供用自転車で1/3がスポーツ自転車。

子供達はいろんな自転車が並んでテンションが

お父さんは2階に上がったら、子供用の自転車が置いてあるスペースに
どど~んとスポーツ自転車が並んでいるのだろうと想像していたので、
テンションは

とはいいつつも、スペースは子供用自転車に劣るが、壁に掛けて展示していたし、子供用と違い同じ車種が何台も並んでいるわけでは無く、色んな種類のスポーツ自転車が置いてある。

徐々にテンションが上がってくるお父さん。

店員さんをつかまえて、通勤用に自転車を探してる事、高校以来自転車に乗っていない事、
自分がクロスバイクを探している事、貧乏父さんである事を伝えると、
あさひブランドのプレシジョンスポーツとGIANTのESCAPE R3なるものを教えて頂いた。

どちらとも、エントリーモデルとしても最適でコスパも良いとのこと。

ふむふむ。どちらもママチャリしかしらない私から見ると、スポーティーで
かっこ良い。

下見だけのつもりが、購入しようかというくらいの勢いになってきていたが、
逸る気持ちを抑えて店員さんに通勤に適しているのはどちらかという
間抜けな質問をした。

店員さん:「距離はどのくらいありますか?」

私:   「30kmくらいですかね。」

店員さん:「ははは(笑) けっこうありますね・・・」(表情が曇る)

私:   「無謀ですかねぇ?」(はにかむような笑顔で)

店員さん:「そうですねぇ。通勤としてはちょっと遠いかなって感じですね。
      私も家から17kmくらいのところをクロスで通勤した事が
      ありますが50分くらいかかってましたから、30kmとなると
      初心者では・・・」

私:   「ロードバイクの方が距離がある場合は有利とかあります?」
     (ちょっとひるみながら)

店員さん:「ロードのほうが軽いし、早いし確実に有利ですね。」
     (当然のように)

というようなくだらない質問にも親切に対応してくださった店員さんが
ロードバイクに詳しい店員を紹介してくようとしたが、その方が接客中で
忙しそうだったので、あさひを後にした。

デポに行こうと思ったが、思っていたより時間を使ってしまっており、
買物に行く予定もあったので帰宅。

帰宅する車中で店員さんの表情が変わった30km通勤が無理な事なのかと考えていた。

そんな感じで初めてのスポーツ自転車の視察は自転車が欲しくなった
気持ちはupしたものの、30km通勤が無謀な計画なのかと思うと、
自転車の必要性がゆらいだ感じでした。

徐々にロードバイクに近付いてきております。
宜しくければ、お願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。