Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

ネタが無い今夜は「だからどうした!」的な、ど~でもいいこと綴ります。


昨日の神奈川出張&会食(幹事)を無事に終えて迎えた本日の東京の朝は雨でしたが、飛行機乗って帰って来た福岡県は見事なまでの晴れ模様。

「あ~、このまま自転車乗って山でヒィヒィ言ってみてぇ~!」
(決してM気はありませんが

と思っても、今日まで変則シフトの為、今日も仕事なので会社に向かわなければ。

最近の福岡県は土曜日ばかり晴れている気がします。



向かった会社で仕事をしていると、仕事以外の1通のメールが。

「明日は待ってます。」的なメールが。

決してお姉さんからメールではありません。

明日は日曜日で久々の晴れ予報。

「ロングライドもありかな?」って気もしましたが、家庭のバランスを考えて午前中限定でのライド許可を嫁ちゃんから頂きます。

最近、ぼっちライドが多かったので久々に人の走りを見てみたくなり、7週間ぶりとなる朝練に参加させて頂く事にしました。

先輩達の後ろから登りの極意でも盗もうかな?

盗む前に千切れるでしょうけど。

おっつ!

走る前に充電しなければ。

おっつ!

使い方、大丈夫かなぁ。

明日はこれに何かが残るのかなぁ?
無題

試しにジテツウルート作ったり、スマホにもDLしたり、ルートラボから謎の?コースを保存してみたりはしましたけど。

ワクワクです。



ど~でもいい記事書くくらいならもっと使い方を覚えた方が良かったかなと思いながら眠くなってしまった私ですが、今後ともy炉しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
こんばんは。

今夜はスマホからサクッと綴ります。



今日はスイスイ水曜日。

貧脚父さんは仕事そっちのけで、定時に会社を出ます。

会社がある佐賀県から車をかっ飛ばして(ウソです。安全運転です。)福岡県に戻り、我が家に車を置いて、博多駅に向かいます。

何故なら、今夜は以前ブログ繋がりで一緒にライドさせて頂いたkaneさんと飲むから。

この前のライドでのお別れの際に、また走る事よりも切望した飲み会。

都合が合いませんでしたが、今日、その望みが叶いました。(^o^)

博多駅で待ち合わせして、「焼き鳥食べたい」と言っていたkaneさんそっちのけで、餃子メインの店に入ります。(^_^;

その後はビール党の二人で飲む飲む!
(飲むこと想定して飲み放題にしましたけど。)

飲みながら自転車の話(私は大した内容は話せませんが)で盛り上がりました。

気付けば、生ビール6杯以上飲んでましたよね。(笑)
(最終的な数量は覚えておりません。)

そんな飲み会にて次なるライド計画として、角島ライドを予定して、初のブロ友ライドに続き、初のブロ友飲み会を楽しく終えた本日でした!



飲んだ後のブログupにつき、何を書いてるか分からない私ですが、今後とも宜しくお願い致します。




↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

今夜は内容薄く休日2日の出来事綴ります。



8月24日(日)

早朝からヒルクライム練習するつもりで目覚まし時計をAM5:00にセットして眠りに付いた土曜日でしたが、目覚めた時間は6時と予定より1時間遅れ。

これはまずいと寝ぼけ眼で窓から空を見ると雲っていたので、バタバタと準備をしようと思っていたらポツポツと雨が降って来たので早朝ライドはDNS。

この時間を逃すと、なかなかお父さんのライド時間は確保しにくい状況です。

予想通り予定が入ります。

向かった先は23日・24日の2日間限定開催のこちら。

140825 (1)

専門学校にて入場料無料で開催されている宇宙展。

ロケットや衛星に関しての事がメインで展示されている中で、
140825 (3)


クイズや工作コーナー、ロケット音響体験等を楽しんでました。
140825 (2)


迎えた夜は週末恒例の子供との添い寝からの寝落ちでした。

こんな物が届いてたにも係らず。
140825 (4)





目覚まし時計もセットせずに迎えた本日8月25日(月)の朝はAM6:30に起床。

南の空を見上げると怪しい雨雲、北の空を見上げると薄い雲からかすかに見える青空。

「う~ん、昨日の箱を開けてから出発しようか?それとも箱の中身は楽しみに取っといてヒルクライム練習に出かけようか?」

と悩んでいたら、子供達が起きて来て「サイクリング行くな」と騒ぎ出す。

そうしていると小雨が降りだしました。

小雨はすぐに止みましたが、雲行きが怪しいので今日は箱の中身をじっくり調べて見る日にしようと、先ずは家の用事を手伝って、子供の遊び相手として2時間程付き合った後に、身を隠すように別室に移動して箱を開封してみます。

出てきたものはこんなもの。
140825 (5)

遂にガーミン様を手に入れました。
(510Jですが)
「お~!これがガーミンかぁ~

ちょっとした感動を受けながら、機械オンチの父さんは説明書を読み出します。

速読技術はありませんが、ささっと読みます。
(面倒くさがりです。

先ずは初期設定をしてみたり、画面を変更してみたりと大人のおもちゃを楽しみます。

140825 (9)

(とりあえずこんな感じにしてみました。)

操作方法の詳細に関しては、当然ながら私のブログでは記載致しません、いや出来ません。

ガーミン本体で遊んだ後は付属品のハートレートセンサーやケイデンスセンサーの設定にとりかかります。

先ずは人生初となるブラジャー(ハートレートセンサー)のペアリングを試みます。

機械オンチの父さんに早速試練が訪れます。

ペアリングが出来ない。

「電源ボタンとかあるのか?

と探しますが見当たりません。

「ペアリングするのに距離が遠いんか?

と近づけてみますが反応無し。

よ~く考えたらブラを装着しておりませんでした。

人生初のブラ装着にてペアリングも無事完了で、次はケイデンスセンサーの取付けに入ります。

ここは問題無しで装着及び動作確認完了です。(たぶん)
140825 (6)


続いては本体をアウトフロントマウントにて取付け。

これはさすがに私でも問題無くセット完了です。(たぶん)

140825 (7)
(しばらくは安物サイコンと2台体制で臨んでみます。)

ここでちょっと休憩がてらに子供と遊んで、その後にガーミンコネクトのアカウントでも作成しようと思いきや、実家からPCの設定をしてくれとの連絡があり、そう遠くない実家に足を運んでPCの設定をして帰ってきたら夕飯です。

その後は子供と風呂に入り、恒例の添い寝ですが無事に生還してブログ書いてます。

どうせ今週も雨が多く、所要・出張有りで自転車乗れないだろうからボチボチ覚えようかなと思ってます。



貧脚のくせして自転車本体価格の半分程に相当する機械を設置してしまった私ですが、今後とも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

久しぶりに天気が良かった本日にジテツウしてきたので、今夜もダラダラと綴ります。



昨日の夜から本日のジテツウを決めていたので、目覚ましセットして予定通りに6時に出発です。

今日は土曜日なのでいつもより車が少ない事から、タヌキの死骸に遭遇し無い事を祈りつつ鳥栖-筑紫野道路に向かって行きます。

入口到着。
140823 (1)


さぁ、ここから約11km程の無信号区間のアップダウンのある道を走ります。

「今日のテーマはなんにしよう?」と考えます。

パンチャー向きのこの道で苦手なヒルクライムを克服出来るようにするためには?

・・・・・

「ヨシ、下り坂で勢い付けずに上り坂で30km/h維持を狙ってみよう!」
(正しいトレーニング方法でもなんでもありませんので悪しからず。

と無謀な事を考えます。

さっそく現れる下り坂。

ここではペダルを回さず、ちょっとブレーキングしながら下って行きます。

そして下りきった直後からの上り坂。

30km/hで上り坂に突入して「ふぬりゃぁ~」と頑張ってみます。

30km/h→32km/h→35km/h→33km/h→30km/h→28kmh/

しょっぱなのアップダウンから不発。

それでも与えられたテーマをこなそうとアップダウンに突入しますが、3km程走った城山IC(旧有料道路につき)辺りでヘロヘロです。

「これはちょっと無謀だったかな?」とこの後の下り坂はあっさりとペダルを回し、重力加速度に貧脚加速度を加えて、上り坂を30km/h維持するつもりで走りますが、上りきる頃にはヘロヘロで25km/h前後です。

無信号区間の終わりが近づく頃には更にヘロヘロ。

遠めに見える久しぶりの信号が赤信号だったので休憩出来ると思いきや、信号に近付いたら青信号に。

信号抜けたらまた上り坂。

たまらずダンシングで上ります。

その次の信号が赤信号となり、ここでは嬉しい足着きです。

この後は大きなアップダウンが無いので軽快に走りながら、

「今日はタヌキの死骸に遭遇せずに済んだな。」と思っていたらイタチの死骸と遭遇しました。

その後は何も無く会社に到着です。

いつものジテツウルートより距離が短く、頑張ったので1時間での到着。

平均速度も私にとっては上々です。
140823 (2)


頑張ったせいか9時ごろからお腹すいてました。



いつもの様に仕事は割愛して復路突入です。

「さぁ、家と反対方向にでも進もうか!」と西へ進んで行きます。

何故ならそこに山があるから。

「山があるならヒルクライムして帰らないかんめぇもん!」

と思ってましたが、超えようとしていた山の方は怪しい雲が。
140823 (3)


昨日の記録的豪雨もあったことだし、ここで激しい夕立でもあったら土砂災害や濡れた路面のダウンヒルにてスリップ事故の危険性が増すかなと思い、あっさりUターンして復路でのヒルクライムはDNSです。

せっかく二灯式にしてきたのに。
140823 (4)


せっかく山でのスズメバチ対策として明るい色の服を着てきたのに。
140823 (5)


いつものジテツウルートにて我家に向かう事とします。

復路のテーマを失う。

よ~く考えたら、いつも往路で出した平均速度が復路を終えてみると下がってます。

それは風の影響かと思ってましたが、実は復路の方が往路より上り気味な気がします。

そこで、復路のテーマを「往路の平均速度を落とさない様にする」とします。

早速、チャレンジ!

平均速度を下げない為に30km/hオーバーで走行を続けます。



貧脚なので直ぐに疲れる。

ちょっと息抜きしようもんなら、あっさりと平均速度が下がるもんだから、もちょっと頑張ってみます。

しかし、やっぱり疲れたのでコンビニにピットインして、ヒルクライム直前に食べようと持参していたこいつを食べて
140823 (7)


平均速度を確認して
140823 (6)


あっさりと再出発です。

休憩したから大丈夫かと思いきや、大して回復しておらずヘロヘロです。

その後は大したネタも無く、我家まで1km程のつつじヶ丘の交差点に。

いつもはここを直進するのですが、今日は左にぷいっと曲がります。

2km程走って目の前に見えるのは昨日も訪れた牛頸ダム。
140823 (8)


今日は昨日よりちょっとばかり明るいし、二灯式なので訪れてみました。
140823 (9)


早速、右回りでアウター縛りで登りだしますが、疲労のせいか何故か脚が回りません。

あっさりインナー入れてハァハァ・ゼェゼェ。

暗闇の中におじさんの怪しい息遣いが響きながらゴールです。
140823 (10)
(心霊写真ではありませんよ。)

その後は暗闇ダウンヒルを終えて我家に到着したら長男坊に「遅い」と言われました。

今その言葉はNGワードよ。



本日の走行記録
・走行距離:63.0km
・走行時間:2時間28分
・平均速度:25.4km/h(やっぱり落ちてます)
・獲得標高:494m

140823 (11)




何故だかいつも以上に疲れていて、明日の朝に起きれるか不安な私ですが、今後とも宜しくお願い致します。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

早朝は豪雨と鳴り続ける雷で寝不足の今夜もだらだらと綴ります。



勢い余ってエントリーしてしまった、記念すべき第1回目となる椿ヶ鼻ヒルクライム。

エントリーした時は貧脚な自分でもここ最近では200km超えのライドをしたり、標高500m級の山なら登れる様になったので、正直に言えば遅いながらにも脚付き無しでゴールまでは行けるだろうと思っておりました。



夏休みに椿ヶ鼻まで試走がてらに片道70km程走って実際のコースを登ってみましたが、結果は脚付き4回の惨敗。

ちょっとばかり「登る前の70km前走が無かったら行けるのでは?」なんて淡い期待を抱いて臨んだ三郡山

これまた撃沈で脚付き3回に加えて初の山頂DNF。

撃沈してから数日経ち、昼休みにgoo先生に調査してもらった結果、この三郡山に登るローディーの方は脚付きとかは問題外の様です。
140818 (7)

私が敗者の門と呼んでいたゲートはどうやら「地獄の門」と呼ばれている様で、先人のローディーの方はこの地獄の門から30分だとか40分だとかで登りきるというレベルらしい。

私の様に撃沈した様なブログは当然ながらありません。



帰りの車中にてこんな事が頭をよぎります。

「本当にこんな脚で大会にエントリーして良かったんだろうか?」

「1か月ちょいしか無いのに脚力はいきなりあがらないよね?」

「大会当日は脚付き覚悟で臨もうか?」(DNSしろよって?)

「脚付きする時は本物のクライマーの方に迷惑かけたらいかんよね。」
(本当に自分が事故のトリガーにならない事は切実に望んでます。)

「迷惑かけない為にもスタート位置は一番後ろにしよう!」

・・・・・・

・・・・・・

「このままじゃ、戦うまえから負けとるなぁ」

毎日車から見える三郡山を信号待ちで眺めながら家に帰り着きます。
140822 (3)


「やはり坂を登らないかんやろ!」

という事でローラー台を持たない私は夕食後にちょっと夜練やってみることにしました。

向かう先は家から近くの牛頸ダム。
140822 (1)


「良し、ちょっと登ってみようかね!」

と勢い良くいつもの様に右回りで登り始めます。

打ちっ放しゴルフ場を過ぎた瞬間、真っ暗です。

当然、ライトはつけておりますが、標高は低いといってもさすがは山。

本当に暗いです。

貧脚&臆病父さんはお化け怖さにあっさりUターン。

「ならば、外灯のある家の近所の坂を登ればよかろうもん!」

と気を取り直して我家の方に向かいます。

先ずはバス通りの坂を一旦下ってUターンしてから、距離300m、平均斜度4.2%の坂道ダッシュをアウターでかましてみます。

いきなりヘロヘロ。

丘の頂上に辿り着き、今度はまたも下って、距離170m、平均斜度6.2%と家のまわりで一番のこちらの坂道をアウターシッティングでダッシュします。
140822 (2)


「おりゃぁ~」と1本。

「もういっちょ~」と2本。

ここから汗が垂れ流れてきます。

「まだまだぁ~」と3本。

ここから貧脚が笑い始めます。

「なにくそ~」と4本

ここでは近所中にハァハァ・ゼェゼェが響き渡ってます。

「ここで負けたらいかんめぇもん!」と5本

最後の方はたまらずダンシングです。

「この程度はまだクライマーの皆さんに迷惑かけろうもん!」と6本

ここでは力尽きてインナーで登ってます。

登りきってからは汗だくになって家に戻りました。



こうして初の夜練は終了です。

本日の走行記録
・走行距離:7.6km
・走行時間:26分
・平均速度:17.1km/h
・獲得標高:118m
140822 (4)

他の方からしたら練習にもならない程の距離ですが、貧脚には程よい疲労が出た練習でした。



ガーミン買う前にローラー買えよとつっこまれるんじゃないかと思っている私ですが、今後とも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

休みボケが取れない状態で残業続きの今夜もしがない出来事綴ります。



つい2ヶ月程前まで私の右手の人差し指がプルプルと震えておりました。

原因は間違いなく自転車乗る事にはまり出して、ロング走ったり、標高の高い山は登れませんがヒルクライムしているせいだと思います。

最近はこの震えも止まりかけておりましたが、夏休み終盤からまたもや右手の人差し指が震え出してます。

考えてみればこの数か月間、お酒は飲んでますが家での缶ビールや仕事上での会食、家族旅行での飲みが殆どで、友人との飲み会等は催しておりませんでした。

決してアル中ではありませんが、それが再発の原因かも。

お酒が切れてプルプルしている訳ではありません。

自分の小遣いを使っての飲み会が無かった分、財布の中身が少ないながらに潤っているから。

この記事を書く前にPC開いてネット通販をウィンドショッピングしていると震えが・・・

マウスの左ボタンをクリックしようと人差し指がプルプルと震え出します。

プルプル

待て待て早まるな!

プルプル

押しちゃうの?

プルプル・プルプル

ポチ

押しちゃった・・・

一度堰を切った人差し指は止まらずに更にポチ・ポチっと・・・

・・・・・・

指の震えは止まった様です。

そして正常に戻った指で今はブログ書いてます。



今週中に届くんだろうか?

こんなもんやら
140820 (1)


こんなものも
140820 (2)


更にはこんなんも。
140820 (3)



指の震えが止まっても金欠で全身が震えそうな私ですが、今後とも宜しくお願い致します。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

今夜もグダグダ綴ります。



変則シフトの夏季休暇は本日が最終日。

大きな予定は有りませんが、小さな予定がちょこちょことある為、父さんに許された時間は朝8時くらいまでの早朝タイム。

今日も近場に行こうと思って目覚めたのはAM5:30。

今日も準備はそこそこでバナナ1本食べて出発です。
140818 (1)

昨日と同様に大宰府方面に向かいますが、昨日の四王寺への道とはちょっと違う道を走ります。



自転車買って10ヶ月。

買った当初は「貧脚の自分が山なんか登る事はなかろうもん」と思っておりました。

そんな私がここ最近は遅いし苦しいんですが徐々に山に登る様になってきておりました。

そんな私が話しには聞いていたけど避けていた場所がいくつか存在します。

今日はその内の1つにこの道を走って向かっていきます。
140818 (2)


目的地はこちら
140818 (3)

三郡山

wiki先生によると、山頂は飯塚市で糟屋郡宇美町、筑紫野市との境界に位置する三郡山地の最高峰の山の様です。

更に、写真では山頂が雲がかかっておりますが、山頂からは西は福岡市や糸島市、北は玄界灘まで、東は筑豊地区のほぼ全域、南は筑後川流域など耳納山地以北までが見渡せるそうです。

そんな絶景が見渡せそうな山なのに何故避けていたかと言うと、

標高935.9mの山だから。

標高1000m~2000m級の山を登られる方からしたら「何を行っているんだ?」と言われそうですが、貧脚にとっては厳しい山なんです。

我家からの自走コースはこんな感じ。
140818 (13)

10km程走って緩やかに登り始める吉木公民館前の交差点をスタート地点としたらゴールの山頂までは
距離:11.6km
標高差:858m
平均斜度:7.5%
という数字。

初の椿ヶ鼻試走を鑑みれば、当然ながら登れる気はしません。

それでも本日ここに向かったのは、椿ヶ鼻ヒルクライムの試走が出来ない時はここが練習場としてふさわしいのでは無いかと思って、足付き覚悟でやってきました。

コースもうろ覚えで進みます。

最初の5km程は平均斜度も5.3%程度(ルートラボで事後確認です。)なので、貧脚の私でもなんとか登っていけてますが、当然ながら呼吸はハァハァ・ゼェゼェです。

そうするとこんな景色になります。
140818 (4)

「確かここを左に入るはずだったよなぁ」と左の方向に進んで行きます。

更に左に曲がった瞬間から平均勾配が10%を超えてきます。

「ぬぉ~、さすがは避けていた場所・三郡山!ボリュームあるなぁ」とヘロヘロで登ります。

右手に射撃場を見ながら・・・

登った先は何故だか下り・・・

・・・・・

道を間違える。

不必要に500m程無駄に登ってしまいました。

ちょっと引き返して、看板を良く見ると
140818 (5)


三郡山はさっきの分岐を左に入ってから直進だったようです。



気を取り直して登っていくと道は険しくなってきます。
140818 (6)


道には小石や落葉、枯枝が散乱し、とても良い路面状況ではありません。

「これが本当の三郡山かぁ」と登っていくと、三郡山の山頂を目指す道の証拠となるゲートが現れます。
140818 (7)
(これが後に敗者のゲートへと変わります。)

ゲート横のスペースから自転車担いで中に入って登り始めます。

こちらも平均斜度10%超えの坂を登る必要があるようで、先程ムダに登って貧脚の脚力及びおじさんの心肺は悲鳴を上げてます。

ゲートを潜って2km程しか走ってない場所にて・・・

スタっと足付きです。

最近、足付きへの抵抗が無くなって来ている気がします。

走っているときから気にはなっていたんですが、足を付いた瞬間に小さいアブの大群が「こんな所で足付いてんじゃねぇ」と言わんばかりに襲ってくる。
140818 (8)


こんな状況じゃろくに休憩も出来ないので、写真を撮ってから直ぐに出発です。

ハァハァ・ゼェゼェといつもの様に怪しい息遣いで登って行きます。

「一体いつになったらハァハァ・ゼェゼェ言わずに登れる様になるんだろうか?」と考えながら登り続けて、たまに現れるほんの少しの緩い上り区間で呼吸を整えようとするも変わらないハァハァ・ゼェゼェ。

たまに視界が開ける区間でも「山頂の絶景を見るまで景色はお預けだぁ!」とヒルクライムのコツの1つでもある「苦しい時は景色を楽しむ」という事もせずに登っていると、小さいアブと同様に容赦なく激坂が襲ってきます。

更には雲の中に突入したもんだから、追い討ちをかける様に向い風が襲ってきます。

「ふがぁ~、ぬぁ~、この斜度・この疲労でこの風かぁ~

・・・・・

スタっとまたもや足付きです。

この時点で残り3km程。
140818 (9)

雲をちょっと抜けてもまだ見えない山頂らしき場所を眺めながら、

「やはり自分には標高500mを超える山はまだ早いんだろうか?」なんて考えます。

ちょっとまたもや放心状態でしたが、気を持ち直して登り始めます。

が、もう力が残って無いようです。

「このまま行くとハンガーノックか?バナナ1本じゃ足りなかったか?」と考えても今日は補給食を持って来てません。

更にはお金も。

と言っても当然ながらお金を使える場所までは10km程下る必要があります。

気付けば時間は7時45分とお約束時間の8時まで15分しかありません。
(時間があっても更に登る脚力は残ってませんが。)

悔しいけど下山するしか無さそうなので、雲がかかっているし、絶景はまた今度と決めてここから下ります。
140818 (10)

無念

長い長いダウンヒルではペダルを回す事無く進み、上りでは意気揚々と?通ったゲートを帰りは敗者のゲートとして通り抜け、体力温存作戦で我家に帰り着いてから、貧脚父さんを待ち受けていた1つ目のミッションは

芝刈り

霧雨と高温により、雨に濡れること・汗で濡れることが確定しているので、吸湿速乾のサイクルジャージを着たままでの芝刈りです。
140818 (11)


昼までかかった芝刈り&雑草取りの後に待っていた2つ目のミッションは東京から来ていた姉と甥っ子を空港まで送迎です。

息子達も従弟との別れを惜しむお見送りとなりました。



こうして父さんの夏休みは終了です。



本日の走行記録
・走行距離:37.9km
・走行時間:2時間5分
・平均速度:18.1km/h
・獲得標高:875m
140818 (12)

上りの3kmは遠かった・・・



ヒルクライムで始めて山頂まで辿り着けず、夏休みの挑戦は3戦全敗となった私ですが、今後とも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

今夜は久しぶりに綴ります。



長かった私の夏休みも明日で終わり。

長かった割りには振り返ってみると昨日の時点までで7日経過して自転車乗ったのは1日だけ。

その間に
140817 (1)
電車の旅で


140817 (2)
鹿児島(阿久根)に来て


140817 (3)
花火したり


140817 (5)
島で泳いだり


140817 (7)
それから熊本まで行ってテーマパークで遊ぼうと思ったら雨に降られてボーリングしたりと楽しんだから良しとしたいところですが、椿ヶ鼻ヒルクラの試走の結果が散々だったので貧脚を鍛えたいところですが、本日も嫁ちゃん実家へ行く予定。


「ならば朝だけ乗ればよかろうもん!」

天候は曇のち雨。
(結局、一日中晴れてましたけど。)

「ならば近場でよかろうもん!」

と6:30に目覚めて、「雨が降る前に」と時間を短縮する為に朝食もこちらでサクッとすませて
140817 (8)


脛毛を処理してないにも係らずレッグカバーもせず、
140817 (9)
(貧脚を惜しげも無くさらけ出します)


アームカバーもせずに腕時計をつけての出発です。
140817 (10)




向かった先はこちら。
140817 (11)
四王寺


この前試走した時の実力はどんなもんかを知る為にやってきました。

早速スタート。

相変わらず、カーブNO.5では息が切れていることから、大して実力は変わってないんだろうと思いながら登ります。

いつもの様にハァハァ・ゼェゼェとカーブを曲がりながら登っていると、綺麗でスリムな女性の方が同じ車線をランで下って来ていたので、ハァハァ・ゼェゼェでは怪しい奴と思われそうなので平然を装って「おはようございまぁす。」と挨拶して離合。

綺麗な女性をやり過ごしてからは我慢した分の呼吸が一気に噴出し、更にハァハァ・ゼェゼェ。

サイコン見ると9km/hという速度も見えるので、「いつもより遅いのでは?」と考えながら登っていると、カーブNo.30に差し掛かりゴールが近いことを示しています。

「ふぬぅ~、このままでは時間が!やるしかない!」

カン・カン

ガラガラ・ガッチャン

と、きついけど自分を追い込むつもりでギアを2枚ほど重くします。

「ぬぉりゃ~」とダンシングしながら登ります。

完全に追い込まれてカーブNo.31で力尽きてダラダラとゴール。

結果は
140817 (13)

19分55秒


やはり、いつもより遅い。

ハァハァ・ゼェゼェ言いながら愕然として敗者の写真を撮影。
140817 (15)


この後はいつもの様に落葉が気になるダウンヒルをチロチロと走っていると、MTBの方から颯爽と千切れる。

「ゆっくり走っているからいいんだ!」と自分で自分に言い訳しながら下っていると、先程登っている時にすれ違った綺麗な女性ランナーとまたもすれ違い、ちょっぴりニヤけて会釈して下ります。

更に下ってダウンヒルも終わりに近付いて来た時に先程千切れたMTBの方が今度は颯爽と登って来たので、ちょっぴり恥ずかしく感じながら会釈してダウンヒルを終えて、我家に到着しました。



大会までにはかなりの走り込みが必要の様です。



本日の走行記録
・走行距離:22.19km
・走行時間:1時間05分
・平均速度:20.2km/h
・獲得標高:350m
・登坂時間:19分55秒



年齢による衰えというものを痛感した私ですが、今後とも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

今夜は恥ずかしながらに綴ります。



明日からの両親・兄弟家族揃っての旅行を前ということで、予想通りに嫁ちゃんはイベントの前日は何もせずに家に居たがるので、私は予定通りに本日は自転車に乗る日とします。

目覚めたのは朝4:50。(本当は4時ジャストに起きるつもりでしたが)

早速、着替えて朝食にこれを食べて出発です。
CIMG2944.png


5時30分前に出発しましたが、雲もあるせいかまだちょっと暗いです。
CIMG2945.png


天気予報は晴れなので、気にせずに目的地へコギコギ。

県道112号線のこんな道を走ってみたり
CIMG2946.png
(車の心配が減るんですが、歩道の切れ目の段差が嫌ですね。)

こんな招き猫を眺めてみたり
CIMG2947.png


山があるはずなのに見えない山を撮ってみたりして東の方へ進んで行きます。
CIMG2951.png


30km程走ったところで先月に家族で来たこちらにピットイン。
CIMG2958.png


「先月は家族4人でこの水車をバックに写真撮ったよなぁ」と思いながらパシャリ
CIMG2956.png
(今日は自転車です。)

ここでトイレ休憩を済ませて、そそくさと更に東へ向かいます。

原鶴温泉街に入って
CIMG2959.png


川沿いの走りやすい道を走り
CIMG2960.png


うきは市を通過して
CIMG2969.png


やってきたのは日田は大分県。
CIMG2971.png


向かう先は
CIMG2975.png

椿ヶ鼻。



何故かって?

脚力も無いくせに勢いでエントリーしちゃった椿ヶ鼻ヒルクライム。

先ずは今の自分がどこまで登れるのかを確認する為の試走をやってみたいから。

車でのトランポも考えましたが、せっかくの休みだし、今月初めてのライドということもあって自走を選択です。

この時点ではまだ日も高くなく、雲もあるので涼しげに日田の町を210号線を走りながら抜けて行き、小国に向かう国道212号との分岐点にやってきます。

すると昔は団子汁屋だった(たぶんですけど)場所が、ちょっと変わったセブンになっていたので一枚。
CIMG2976.png


しばらく椿ヶ鼻ハイランドパークの看板を横目にR212を走っているとこんな看板が見えてきました。
CIMG2978.png

どうやらここが椿ヶ鼻の入口の様です。

さっそく右折。

とは行かずに直進で通過します。

向かった先はここから2km程さきのこちら
CIMG2979.png
道の駅おおやま


川の写真を撮りたくて。
CIMG2982.png


っていう訳じゃなくて、今度試走する時の事を考えて寄ってみました。
CIMG2981.png


「ふむふむ、そうか」と一人納得し椿ヶ鼻目指して走ろうかと思いましたが、その前にチューチューと補給。
CIMG2984.png


今度こそはと先程の交差点を逆から来たので左折して椿ヶ鼻に向かいます。

しばらく走ると、ここがスタート地点と思われる場所にて立ち止まります。
CIMG2987.png


サイコンを見るとここまでの走行記録は
走行距離:65.56km
走行時間:2時間45分
平均速度:23.8km/h

ということでエイっとリセットです。
CIMG2991.png


先ずは1発目の試走なのでコースもうろ覚えで、登りきれるかも分からないので時間は関係無いんですが、コースの把握の為の距離確認と実力把握の為の平均速度を見てみようかなと。


早速、スタート。(8時58分)

いきなり私にとっては結構な勾配でのスタートです。
CIMG2993.png

速度はこんなもんしか出せません。
CIMG2994.png


続いて登坂車線が出てくる道では
CIMG2995.png

早くも10km/h以下
CIMG2996.png


という風にコース概要と走行状況を写真に納めながら走行です。
(この後は割愛しますが。)

CIMG2997.png

結構な坂を登りながら左前方に見えたガードレールで早速、敗北の予感が。


こちらは通る事無く、トンネルに入って行きます。
CIMG2998.png


トンネルを抜けてしばらくするとダムの横を平坦&ゆるい下りで走り抜けますので、ここで貧脚の私は脚を休める区間にしようと考えます。
CIMG3002.png


緩い下りを終えてからは当然ながら上り坂。
CIMG3006.png

ここで5km程度。

「おぉ~、遂に本格的に登るのかぁ!」と気合を入れ直しますが、ちょっと登ってまた緩くなります。

「まだここは平坦区間だっけか?」なんて考えて走っていると
CIMG3007.png

見えて来ました、なんだか長そうな上り坂。


当然ながらこの時点で貧脚父さんの息はハァハァ・ゼェゼェ。

家の中まで響いてそうな怪しい息遣い。
CIMG3009.png


もはや10km/h前後でしか進めない状況で前津江小学校の看板を前にスタっと・・・

脚付きました。

距離にして6.7kmとまさしく半分の距離にてダウンです。

とりあえず、やられた場所を写真に納めて出発です。
CIMG3014.png


1回脚付くとほんのちょっと脚が回復した気になりながらも、息遣いは変わらずに登って行きます。

脚が回復したと思ったのはほんの一瞬だけでまたもや脚が重くって来ます。

ハァハァ・ゼェゼェ、ハァハァ・ゼェゼェ

「ぬぉ~、脚が重~い!太腿ヘロヘロ~」スタっと・・・

2度目のダウンです。

今度は9km程走った所のT時路にて。
CIMG3024.png


徐々にダウンするまでの距離が縮まってきています。
(この時から敗者になるカウントダウンが始まっていたようです。)

気を取り直して、ファイティングポーズをとり偉大なるチャンピオンに向かっていきます。

こんな分岐点での看板を見て、右へ進みます。
CIMG3029.png


どうやらここからが偉大なるチャンピオンの本領発揮。

遠くに見える壁の様な坂を見て挑戦者の闘争本能はあっさりと消え去ります。
CIMG3031.png


一矢報いようとペダルを回しますが・・・スタっと・・・
CIMG3032.png

この場所(11km程)で3度目のダウンです。(TKOではありません。)

勝てる見込みは無くても最後まで闘うんだと、激坂でクリートキャッチ出来ないので横向きにちょっと走ってクリートをキャッチし更に登ります。

この時点でハァハァ・ゼェゼェは当たり前の状態に加えて全身カクカク状態で震えたチワワの様な状態で坂を登って行きます。

チャンピオンの容赦ない攻撃は止りません。

クライマーの方にしてみればジャブ程度の坂かもしれませんが、私にとっては強烈なカウンターの様な坂。

距離にして12km程。

ここに来て人生初めてのハムストリングを攣るという状況に追い込まれます。

「ぬぉ~!いてぇ~!」と悶絶状態。

ハムストリングの痛みはつま先上げて治まりましたのでヨシとして、途中で塩分チャージもこまめにやって来たにも係らずに脚が攣るってことは「これはストレッチが足りんとよ」とストレッチを試みると、今度は大腿四頭筋が攣る。

またも悶絶。

ここでセコンドからタオルが投げられます。
ここまでの走行記録
走行距離:12.2km
走行時間:1時間5分
所要時間:80分
平均速度:11.1km/h

敗者の写真(反対車線での休憩です。)
CIMG3035.png

ちょっとしばらく放心状態です。


もうダメだと思いダウンヒルに入ろうとしましたが、「何回脚付いてもいいし、押して歩けばよかろうもん!」と思い直して再びペダルを回します。

しかしこれが本当の脚が売切れ状態。

700mばかりしか進んでないのにまたもダウンです。

「やっぱり無理か?」と思いながら200m程、押して歩いていると椿ヶ鼻ヒルクライムのポスターにも載っていた風車が見えました。

更に気になる巨大な岩とそこに続くガードレール。
CIMG3049.png

登ってみたい。登れるか?

と思いながらもう一度自転車にまたがって登っていくと
CIMG3054.png
遂に椿ヶ鼻ハイランドパークへ。

そして
CIMG3055.png
遂にゴールらしき場所へ。


その先に見えたのは釈迦堂頂上への登山口。
CIMG3056.png

ちょっとだけ自転車で登りましたが、当然のごとくDNFです。

数回ものダウンをしながらも登った記念に写真をパシャパシャと撮ります。
CIMG3057.png


CIMG3059.png


CIMG3060.png


CIMG3065.png


と撮影をしていると、ザザザザァ~という音が後方から。

振り返ると
CIMG3062.png

自転車までもダウンです。

この後はお腹いっぱいのダウンヒルは寒さで堪能できずに、下界に降りて極度の疲労と蒸し暑さを感じながら最近補給の時にはまっているこちらを飲んだり
CIMG3070.png


その後のピットインではこんなもの食べて
CIMG3071.png


無事に我家に到着です。



今日の結果を見れば、やはり無謀すぎたエントリーだった気がしています。



本日の走行記録
・走行距離:160.5km
・最大標高差:913m
・獲得標高:1795m
140808_2.png



無謀なエントリーを今頃実感した私ですが、今後とも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

今夜もぼちぼち綴ります。



父さんの夏休みに入って今日で2日目。

昨日は東京から一人で福岡までやってくる甥っ子の歓迎会以外の予定は無いものの、雨により自転車乗ることも無く、ダラダラと日中を過ごして夜(歓迎会)にビールを飲んで早々に就寝です。

というのも、本日朝からの予定に合わせてです。

朝5時に起きて早朝から自転車乗りたいところですが、今日は寝ぼけ眼の子供達を連れて車でこちらまで。
CIMG2931.png

福岡市海釣り公園



東京から来た甥っ子の希望により釣りに行くことなりましたが、バス釣り用の竿しか持たないため、竿が借りられるこちらにやってまいりました。
CIMG2934.png

まだ小学校低学年の甥っ子と我家の暴れん坊は楽しそうです。



アジ子狙いでサビキ釣りです。

サルカンに餌入れて子供達が釣れる様に準備をします。

子供達3人は初めて触る釣竿に興味深々も上手には扱えません。

いきなりお祭り。

絡まった糸を解くのに四苦八苦してから気を取り直して、本格的に釣り開始です。

しばらくすると
CIMG2935.png

釣れました。(アジ子)


そして甥っ子も
CIMG2936.png
(4匹同時でしたが、写真じゃ分かりませんね。)

こうして釣りを楽しんだ午前中を終えて、ゆっくりしようかと思いきや「プール行きたい!」って。
140721 (13)

今日もこちらの近場のプールで甥っ子含めて泳ぎます。

今日は曇り空の方が多い天候で元気な子供達もさすがに寒くなったとのことでプールを後にします。

帰り着いたのは4時前。

家に着いた子供達はおやつ食べて夏休みの宿題してと、父さんの手が掛からない状態となります。

さぁ、やっとお父さんの時間。

約1ヶ月ぶりのライドの脚慣らしとして牛頸ダムでプチヒルクライムでもやろうかと考えて、ダムの方を見ると怪しい雲が。

夕立がありそうだったのでプチヒルクライムはパス。
(結局、降りませんでしたが。)

乗ることを諦めて、なにやらぼちぼち動き出します。

久しぶりに触るサイコンをリセットして
CIMG2943.png


久しぶりに空気を入れようとすると
CIMG2937.png

さすがに結構抜けてます。

シュコシュコと空気を入れてると気になる物が

スポークに付いている反射板
CIMG2939.png


少しでも軽量化の意味とちょっぴり見た目を気にして
CIMG2940.png

外しちゃいました。



明日の天気は曇のち晴れ。

今日より暑くなりそうです。

今日より早く起きようかなぁ。

ということで、9時前には寝ようと思います。

おやすみなさい。



指に染み付いたエサの臭いがバーテープにも染込むんじゃないかと思っている私ですが、今後とも宜しくお願い致します。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。