Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

出遅れた感が満載ですが7月26日の出来事を今夜もグダグダ綴ります。



この拙いブログを訪問してくださる殆どの方はご存知でしょうか、7月26日の2015サイクルマラソン阿蘇望は台風12号の影響にて中止となりました。

朝早く起きて阿蘇に向かって走りながら見た景色にて阿蘇を感じつつ
CIMG7114.png

「天気は大丈夫そうやねぇ。暑さに負けずに登れるやろうかぁ」と思った事。

ちょっと進めば
CIMG7115.png

「やっぱり山の天候は変わりやすいので雨の中走らないかんやろぉかぁ」と思った事。

大会会場に入りknaeさん、エスケーさんと合流し、開会式会場にてハ~トのてんちょ~さん、たにがわ君と合流した時にスタートを今か今かと待ちわびていた事も
CIMG7118.png


主催者側からの「中止」の一言にて
CIMG7119.png


ど~でもいい思いになりました。



台風の中で強行開催し事故が多発する可能性が高い事も考えたら英断なので、誰も文句は言いませんが、楽しみしてただけに残念な気持ちは隠せませんが、しょうがないので諦めて次の作戦を考えます。

折角、kaneさん、エスケーさん、店長さん、たにがわ君と集まったのだから何処かを走ろうという事でこれまた折角なのでラピュタ道を目指して走る事にしました。

大会会場には車を停めっぱなしには出来ませんでしたので、近くの道の駅に移動すると、多くの自転車乗りが走り出していたり、準備していたり。
CIMG7120.png


我々もすぐさま準備してエスケーさんに道案内も兼ねて牽いて頂きます。
CIMG7121.png


順番はエスケーさん、kaneさん、私、店長さん、たにがわ君の順で一番条件の良い場所にて気持ち良く緩~い下りを走って行きます。
CIMG7122.png
(今回の後ろ撮りは全て失敗でした。すいません)

途中でたにがわ君が最後尾から一気に先頭に出て牽いてくれたり
CIMG7125.png


爆音が響くトンネルにて店長さんがボーナスステージとして加速を楽しんだり
CIMG7126.png


していたら、どうやら予定していた道とは違ってた様ですが、私は道を知らないしむしろ遠回りになる方が嬉しかったので、この立ち止まり時間に景色を楽しんじゃってます。
CIMG7128.png


その後も「この天気がずっと続いてくれたらなぁ」と考えながらダウンヒルを楽しみます。
CIMG7130.png


この後はR57をじみ~に上って行きますが、ここではさっき走ってきた場所が雨だとはっきりと分かる様な空模様。

なんだか怪しいなぁと思っていると結構な向い風とちょっとした雨が待ち構えてました。

ここでは向い風もありましたので、先頭交代しながら上り坂を走って行きます。
CIMG7131.png

と言ってもこのメンバーで私が先頭を牽くのはほんの少しの間だけ。

向い風&上り坂にすぐさまやられた私はたにがわ君&kaneさんコンビが視界から消え店長さんに千切られ息絶えます。

途中で店長さんが脚を攣ってしまった様ですが、何とか無事に一旦の休憩場所の赤水駅に到着です。

ここに到着する前のちょっとした雨で引き返す事も考えましたが、ラピュタの方を眺めるとさっきまでかかっていた雨雲が消えて行きます。

「ならば行くしかなかろぉもん!」という事で皆揃って走り出します。
CIMG7135.png


「おぉ~、やっぱり阿蘇は緑が違うよねぇ~」なんて考えながら走っていると

・・・

ゴォ~~
CIMG7136.png

たにがわ君が華麗に走って行きます。
(本当は最初に撮り損ねたので、注文付きの再撮影ですwww)

その後も皆で緑を楽しみながら緑のお山を目指します。
CIMG7140.png


先頭のエスケーさんが停まった時に「何故にここ?」と思えたその場所は
CIMG7142.png
「歴史の道/豊後街道」

どうやらここがラピュタ道の入口の様です。
CIMG7144.png

なにやら前のお二人さんが目の前に見える坂を睨んで気合が入っている感じ。(笑)

やはり二人が揃ってスタートします。

二人を眺められるのはこの時だけだろうと思って、後ろを追いかけ盗撮。
CIMG7145.png


盗撮後にカメラをポッケにしまった後に店長さんが凄い勢いで登って行きます。

「えぇ~、あれは脚が攣った人の走りじゃないですよねぇ~」なんて言いながら、kaneさんとたにがわ君の二人がペースを上げない事に疑問を感じながら登って行きます。

しばらくすると徐々に離されながらも背中が見える状況で登っていると、店長さんが再び脚を攣った模様。

店長さんは脚を攣りながらも大丈夫そうだった?ので一声かけて先に進みます。

その後も気持ちを切らさず先を行く二人に着いて行きます。

この日はこの道の草刈作業が行われていたので作業されている方達に挨拶しながら登ってきてました。

先を行く二人が視界から消えない様にハァハァ・ゼェゼェいいながら白目剥き掛けていた人相が悪かったのか、挨拶した一人の作業員の方が草刈機を回しながら何かを言っている様な感じ。

最初は機械の音で何を言っているか分からなかったので、「兄ちゃん達こんな道を良く登るねぇ」と変わった人扱いしているんだろうなと思って通り過ぎたんですが、ちょっと振返るとまだこちらを見て何か叫んでいる感じ。

「う~ん、これは何かを伝えたいんやろうねぇ~」と思ってちょっぴり引き返して下ってその方に話を伺いましたので、痛恨の脚着きにて話を伺うと、今日はここは立ち入り禁止との事。

色々とその方の話を聞きましたが、最後は自分達の責任で気をつけて走れよとの事で落ち着いて頂上を目指しました。
CIMG7146.png

もう、前の二人は米粒の様に小さくなってましたし、ちょっぴり怒られたので気持ちも折れて登ります。

すると最後にLOOKにお乗りの1人のローディーの方に颯爽と抜かれてのゴールとなりました。
CIMG7149.png


「おぉ~ここが良く見るラピュタ道かぁ~」と感心しながら写真をパシャパシャ。
CIMG7151.png

CIMG7155.png


その後は皆揃って自転車押して更なる絶景を求めましたが、たにがわ君はオニューのシューズ、店長さんは脚攣り予感でDNFとなりましたので、kaneさん、エスケーさんの3人で絶景をバックに記念撮影してアスペクタの昼食目指して下ります。
CIMG7154.png


最後のアスペクタ前の坂にて力尽きてこの日のライドは終了です。

大会は中止になってしまいましたが、昼食時には主催側のおもてなしを受けながら、疲れきった体に嬉しいおにぎり、豚汁、果物を美味しく頂きましたよ。
CIMG7157.png


その後は参加賞の入浴券を使ってkaneさんとエスケーさんでプチ打ち上げとしてノンアルコールビールにて乾杯して楽しいラピュタライドを終えました。


大会中止で凄く残念でしたが、kaneさん、店長さん、エスケーさん、たにがわ君のおかげで良い思い出つくれました。

ありがとうございました。

近いうちに二日市で打ち上げしましょうね!(笑)



楽しかった思い出で5人の集合写真を撮り忘れた私ですが、今後とも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
こんばんは。

すいません、コメ返しが思いっきり遅くなっておりました。
と言うくらい久しぶりにブログの世界に戻ってきた今夜もダラダラと綴ります。



当然ながら過去記事ですが・・・

7月19日(日)

前日の18日(土)は快晴でしたが休日出勤の為、阿蘇望に向けての練習は出来ずに仕事しながら「自転車乗りたいなぁ」と思っていたので、天気予報は午後から雨だった19日は
午前中だけでも乗りたいなぁと思っておりました。

ならば早朝!

と、思いつつも最近お約束になりつつある寝坊。

本当に気合が足りません。

兎に角、天気は良いので7時前に家を出て、こちらも最近お約束の朝日浴び写真を撮って那珂川方面に向います。
CIMG7064.png


最近、橋の架け替え工事が完了した新おぎわら橋を超えて、
CIMG7067.png
小笠木峠のプチヒルクライム&爽快ダウンヒルを終えて向う場所は、最近訪問回数が増えている板屋峠。

大門交差点を曲がってからダラダラ続く緩い上り坂で夏を感じながらスタート位置に到着しますが、今日はここで休憩せずにそのまま計測開始します。
CIMG7070.png


「夏になって暑くなってくると何だか体の動きが鈍くなるんじゃね?」と言いたくなるくらいにペダルを廻す脚が重い状態で到着したこの場所で覗き込んだガーミンの数値は・・・
CIMG7072.png

30分30秒。

初めて計測した26分8秒や、寝落ちでお蔵入りした板屋峠&脊振山ヒルクライムでの2回目計測の26分55秒よりもかなり遅くなってます。

が、大して気にせず下っていきます。

脊振山の登り口にてハルさんと遭遇してちょっと会話してすぐさま下って南畑ダムを気にしながら中ノ島公園に急ぎます。

何でそんなに急ぐかというと、今日は午後から雨予報なので早朝ヒルクライムを終えて久しぶりに朝練に途中参加させて頂こうと思ってたから。

中ノ島公園につくと多くのショップの方が休憩されてました。

(良かったぁ、間に合ったぁ)と思いながら先輩方に挨拶してると私の正面にAcky君が!

このAcky君はたぶんサイクルショップきくちのエース。

私がちょこちょこタイムを計る四王寺にて、私のタイム17分半くらいに対してエースは12分程度で登ってしまいますし、英彦山でも入賞するほど。

そんなエースが私の2号期となるDEROSA アイドルとほぼ同時期に購入にしたニューバイクがあります。

それはスーパーキング! 真正DEROSA!
CIMG7074.png
(だから私はインチキDEROSA www)

Acky君と走る機会がずれていて中々一緒に走れなかったんですが(私が幽霊部員だからw)、一緒に走る事になったらAcky君の後ろを走ってみたいと思っておりました。

千切れるくせに何故?と思われるでしょうが、一瞬でもエースの走りについて行ってどの位の速さかを体感してみたいから。

皆さんが中ノ島公園を出発していくなかで、Acky君が出発するのを今か今かと待ち構えます。
CIMG7076.png


が、なかなか出発しないAcky君。

最初から後ろにつくより、自分なりの余力のあるペースで走ってAcky君に抜かれたらついて行く作戦に切替えて自分が先に出発します。

ちょっと走ると後ろからスーっとAcky君にさされます。

「ぬぉ!もう来たか!」と心拍上がりながら追尾モードに入ります。
CIMG7077.png


しばらくは前を走る方と通行車両の関係で本気モードでは無い様子。

「う~ん、これくらいなら何とかついて行けるけど絶対こんなペースじゃないよなぁ」

なんて思っていたらAcky君がチラチラと後ろを振返ります。

「来る!」と思った瞬間・・・

Acky君は下ハン握ってダンシングで加速開始。

「ぬぉ~、はえぇ~」

走り出す前は短い距離でいいから同じペースで走ってみようと思ってましたが、一瞬たりとも同じペースでは走れません。

千切れる。

別次元の走りを目の当たりにしてもまだ自分の視界には入っているので、頑張って登っているとまたもや前を走る方と車の関係でAcky君のペースが落ちて近付く事が出来ましたが・・・・

Acky君がまたもや後方をチラチラ・・・・

ゴォ~~~!

ピュ~~~!

今度は完全に千切れる。

心が折れた私はこの後はヘロヘロで南畑ダムに到着して放心状態。

この後は昼から雨予報なのでダムを下って火葬場+デザート峠の朝練フルコースを楽しもうと思っていたら、何やらiwaさんとkitaさんがこれから更に登るような会話をされてます。

会話に入らせて頂くと、どうやら九千部横断道路が最近全線開通したので走ってみるとの事で急遽お供させて頂く事にして更に山の上へ登りだします。
CIMG7078.png


「楽しいなぁ~!」と思いながらも板屋峠ヒルクライムと無謀なAcky君追尾によってヘロヘロ状態で先輩方について行きますが、最後尾で車体2台分程遅れだします。

「腹減ったぁ~、これはちょっとまずいかなぁ?」

と、朝食をコーンフレークにした事と補給食を持ってこなかった事を後悔していると、五ヶ山をほぼ登りきったところで右折して平坦路に入ります。
CIMG7080.png


「おぉ、このコースなら五ヶ山豆腐で休憩かな?」と言う淡い期待を裏切られることなく、五ヶ山豆腐にピットインです。

ここではいつもなら豆腐コロッケ1つで済ませてますが、今日はたまらず厚揚げ豆腐まで食べちゃいます。
CIMG7082.png


これでもちょっと足りない感じがしたんですが、それよりも家から持ってきたボトル半分程の水がなくなっていたのが気になったのでアクエリを補給してから出発です。

食べた事でちょっと安心して、ちょっぴり走って東脊振トンネルを走るためにこちらで30円を支払います。
CIMG7083.png


ゲートを通過すると鮮やかな青空と山から見下ろす佐賀平野を眺めてテンションが上がってきます。
CIMG7085.png


「本当に昼から雨が降るんですかねぇ?」

「最近の天気予報は外れますからねぇ」

なんて言いながらダウンヒルに突入です。

途中、左手に宿敵「坂本峠」の入口が目に付きますが、今日もここはスルーしてもうちょっと先のこちらで左折します。
CIMG7086.png

「林道 九千部山横断線(戦)」

ここはたまにしか車が通らない道らしく、視界がよければたまにこんな感じで談笑しながら標高差100m程度のアップダウンを何度も繰り返し走ります。
CIMG7089.png


皆さんと会話しながらこんな石碑や
CIMG7091.png
(曲がっとるやん)


景色を眺めながら走っていると
CIMG7092.png


こんな橋が現れて
CIMG7094.png


休憩します。
CIMG7095.png


この橋から見える景色は私の写真では伝わりませんが、深い緑とその奥に見える街並み、更に奥には鬼が島ならぬ耳納連山が眺められて凄く気持ちがいい!
CIMG7097.png


そんな景色を眺めながら気になったのは補給。

この時点で累積標高1600mオーバー。

暑さと水分は何とか凌げている気はしていましたが、燃費の悪い私の体ではさっきの
豆腐コロッケ&厚揚げでは燃料不足の様です。

kitaさんに聞いてみると、この九千部横断戦wは6割程度進んだとの事ですが、コンビニは当分現れる事は無いそうです。

「いけるやろうか?」との不安はありましたがここまできたら戻る事も出来ませんので進みます。

が、予想通りに力は出ずに皆さんから徐々に遅れだして、しまいにゃ一人ぶらり旅に突入です。

ヘロヘロで途中の分岐点にて皆さんをお待たせしてしまいましたが、何とか佐賀県から福岡県に戻り、
CIMG7098.png

平等寺に到着して自販機にてリアルゴールドで補給しながら休憩していると通り雨が降ってきて、私にとっては嬉しい嬉しい休憩となりました。

その後はリアルゴールド&休憩で復活して雨で濡れた路面を走りながら無事に我家に帰り着きました。

この日の累積標高は2000m程度。
無題

来週の阿蘇は更に1000m登らなければなりません。

暑さ対策と補給はキチンとしておかなければ大変な事になりそうな気がします。

えっ?それよりも脚やろうって?



阿蘇望ではエイドもあるでしょうが補給食を沢山持って行こうと思っている私ですが、今後とも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんばんは。

いつも過去の出来事を綴る当ブログ、梅雨時期の平日はネタが無いので、前回記事より更に過去のど~でも良いこと綴ります。

前回記事は7月4日(土)の出来事を7月5日(日)にupしておりましたが、今回の出来事は7月2日(木)のこと。(それも午前のみw)

この日は検査入院を終えた義母の迎えるために振替え休日を頂いておりました。

朝はいつも通りに目覚めて通常通りに朝食食べて、子供達が起きてくるまでに出来る家事を手伝います。

子供達が起きてきてからは寝ぼけた子供達の学校準備やボサっとしながら食べる朝食を眺めながらもたまに煽って登校姿を見送ります。

子供達が登校してからも黙々と家事を手伝い、いざ病院へ。

といいつつも病院に向ったのは嫁ちゃん。

「ならば父さん、休まんでもよかろうもん!」と思われるかもしれませんが、嫁ちゃんが義母を迎えに行き、そのまま実家によって家の手伝いをしていると子供達の下校の時間に間に合わなくなるので子供達を出迎えたり、銀行での手続きしたりと父さんにも任務があるのです。

先ずは銀行での手続きに向うために部屋着から外出用の服に着替えます。

ここからがど~でもいい事の始まり。(えっ?その前も?w)

私、おしゃれに疎いので自分の服をこまめに買うという事を致しません。

なので大学時代や結婚前(20~10年前)に購入した服を未だに着ていることもしばしば。

なので襟元のゴムが伸びてヘロヘロのTシャツや買った当時の色が保ててないシャツなんかを着ていることもしばしば。

流石にそんなボロボロの服を見たら新しい服を買うこともありますが、もっぱらユ○クロなんかで事を済ませます。

そんな私が久しぶりにズボンを購入してみました。
150707 (1)
七分丈のこのズボン。

実はこれサイクリング用のズボンなので、伸縮性は当然ながらユ○クロのストレッチパンツより良いです。

これでジテツウ時にレーパンを履かない私も快適に走れそうです。
150707 (4)


そして、このズボンと同時にポチっとしてしまったものはこれ。
150707 (2)
スタンドです。

この前、今年度初のジテウウをしてみると新入社員が例年より多く入って来たこともあってか、会社の自転車置き場(正式なものではなく、屋外階段の下ですが。)が混雑している状況にて、スタンドの付いていない私の自転車がちょっぴり皆さんの邪魔をしている感じとの事。

「うるせぇい!ほんのちょっぴりイレギュラーに配置して建て掛けとるだけやけん問題なかろうもん!」

とは言えませんし、名ばかり管理職の私でも「新入社員に示しがつかんのはいかんめぇもん!」って事で会社の歯車と化している私は素直にお上のいう事に逆らう事無く、今回の購入に至った訳です。

そんな事で用事を済ませに行った銀行でも楽に駐輪出来ました。(笑)
150707 (5)

もはやローディーの魂無し?

えぇ、私はただのツーキニスト。

えっ?そんなにジテツウしてないやん!って?

あっ!耳が悪くなってきたので今日はこの辺で失礼致します。

午後はどうした?って?

それは追々と。

若しくはお蔵入り。



ローディーの魂の欠片も無いくせして七夕の夜に「少しでも早く山を登れますように」と星に願いを込めた私ですが、今後とも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
こんにちは。

振り回された天気予報を怨めしく思いながら昼間から昨日の出来事綴ります。



7月4日(土)

この日は阿蘇望の試走を、kaneさん、ハ~トの店長さん、エスケーさん、たにがわ君、ハルさんの6人で行う予定しておりました。

ただ、梅雨明けしていないこの時期なので、天気予報を気にしながらこの日を迎える事になってました。

週初めは「行けるのか?」、週半ばでは「行けるでしょ!」、週後半では「行けんやろぉ!」、「場所変えよう!」となって、LINEでバタバタとやりとりして(私は仕事で完全に出遅れておりましたが)決まった場所は、前日の天気予報では降水確率が10%(確か)だった添田町での英彦山ヒルクライム_4往復(一部の剛脚クライマーのみw)。

迎えた当日の朝5時半。

寝ぼけ眼で外の様子を見てみると雲ってましたが雨は降っていなかった状況だったので、すぐさま家を出ます。

が、家を出てから直ぐにLINEにて店長さんから久留米は雨が降っているとのこと。

「ぬぁに!マジかっ?」

近くのコンビニの駐車場にピットインして、天気予報を見てみると降水確率60%。

「あれ?昨日の夜は10%じゃなかったけぇ?」

と思いながら、先ずはLINEにて天気予報が悪い旨を一旦返信し、今度は雨雲レーダーを確認してみると3時間後には英彦山あたりを覆う雨雲を確認。(今ごろ遅かろうって?)

「ぬぁ~、こりゃイカンやろぉ。中止・中止!」

と思ってLINEにて中止の連絡を入れようと思っていた矢先にkaneさんは取りあえず向うとのこと。

「ぬぁ!マジですか?」と思うと同時に、今回初参加となるハルさんは前日から自走にて現地入りしてワイルドに野宿らしき予定を組んでいたので、自分もその日の予定は特に無かったので現地に一旦向って様子をみる事に決めます。

ただ、他の方は雨予報なので中止にしてもら様LINEを入れたんですが、何と皆さんも一旦向うとのこと!

「皆さん自転車乗るの好きなんですねぇ~」と涙と笑いが出そうな状況で車を走らせ、集合場所の道の駅「おおとう桜街道」に7時過ぎに到着。
150704 (6)


ここは3年程前に家族で訪れたことがあり、1億円のトイレがあったのを思い出します。

それと同時にいつもの様に軽量化に向けてトイレに向います。
150704 (2)


軽量化もすませて外に出てハルさんを探そうとキョロキョロしていると、ハルさんより前日入りは中止したとの連絡が入ります。

時間もちょっとあるのでちょっと軽く走ろうかなぁと思っているとkaneさんの車を発見しますが中はもぬけの殻。

「ぬぁ!kaneさんの事だから英彦山1本行ったのか?」と思っていたら、登り口まで走って帰ってきたkaneさんと合流。

しばらく談笑していると今度はハルさんが到着。

私と住んでる場所は近い部類に入るにも係らず自走でやって来ました。

その後、エスケーさんも到着されて、久留米の鬼さん2人を待つことに。

ポツポツと降り始める雨を見て、「鬼さん達が来たら解散しましょうか?」と弱気な発言をする私に対して残りの3人は「折角だから走りましょう!」とありがたいお言葉を頂きます。

しばらくすると店長さんと、たにがわ君の2人の鬼さんが到着して皆さんが揃います。
150704 (7)


若干ポツポツ雨が多くなってきている様な状況で、ちょっぴりテンション低めではありますが、行ける所まで行ってみようという事で私が先頭で走り始めます。

が、5km程走ったら強くなってくる雨。

DNSは避けられたのですが残念ながらDNF。

開始早々に復路につき、たにがわ君と先頭交代して40km/hで牽いてもらいます。

すると・・・

後ろから影が!

店長さんからいきなりの千切り合いの果たし状!

何もせずに帰るよりは、ここで楽しまんといかんめぇもん!」

と、抜いていった店長さんを追う様にしてアタックを開始して前を走るkaneさんと先頭を牽いてくれるたにがわ君に不意打ちをかけます。

不意打ちをかけた相手が偉大な人達なのは分かってますので、スタートダッシュだけでもと思って50km/hオーバーでもがいてみますが・・・

当然ながらすぐに疲れる。

すぐさまkaneさんに千切られる。

いつもならここで気持ちが切れますが、今日は残す距離が大したことはありませので、突き放されない程度に呼吸を落ち着けながらkaneさんを追います。

kaneさんが流し出したところで、またも姑息な不意打ちをかけてみます。

その際も当然ながらすぐ疲れる。

ガーミンの心拍数が200を超えたのを自分への言い訳として廻す足を緩めた時に・・・

またもkaneさんに千切られる。

kaneさんを追いますが、私には丁度良かった信号待ちで、この日予定していたヒルクライム大会ならぬスプリント大会が終了しました。

皆さん、天候が悪い中での短距離ライドに加え長距離ドライブお疲れ様でした。

この後は家に帰って乗った時間より長いメンテナンスとなりました。
150704 (5)


でも、この短距離ライドがあったからこそ楽しめたものがあります。

それは久留米での飲み会。
150704 (4)

たにがわ君が幹事をして下さって、皆さんと楽しく自転車談議に花を咲かせながらビールを美味しく頂いて、ブロ友さんとの楽しい楽しい時間を過ごす事が出来ました。

M本さんから「貧脚だってよかろうもん」ステッカーも頂きましたしね。
150704 (11)

M本さんありがとうございました。



私が始めて企画した糸島を一周する「糸イチ」に続き、今回の阿蘇望試走を変更しての英彦山ヒルクライムまでの幻に終ってしまいましたが、幻から得たブロ友さんとの交流を深める事が出来た楽しい1日となりました。



「朝の短距離走は夜の飲み会の布石?」と思ってしまった私ですが、今後とも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。