FC2ブログ

Photo Gallery

こんばんは。

今夜もボチボチ綴ります。



第四部始まって早々に前日記事ですけど

それは10月3日(土)の出来事

この日は土曜日ですが、明日に運動会を控える子供達は最後の練習ということで今日は登校日。

折角、休日なので子供と遊ぼうかと思ってたのに残念。
いやむしろ・・・ムフフ

という事で、しょうがないので朝は嫁ちゃん、子供が起きる前から行動します。
CIMG7568.png


子供と遊べない父さんは自分と遊んでくれる人を探して走り出します。

30km先の久留米に向って5時半過ぎに。
子供と遊ぶ時はそんな時間に起きないのにw

途中でジテツウしていた立派な脹脛を持った方の背後について3号線を走りながら
CIMG7569.png


我家からの距離は明らかに久留米の耳納連山より近い、朝日を浴びた九千部を眺めて
CIMG7570.png


朝日を浴びた三途の川(筑後川)を渡って
CIMG7580.png


いつものガード下への入口を通過して集合時間(7時)の5分前にガード下に無事到着。
CIMG7582.png


間も無く、ゾノさんも到着し談笑していると・・・

一人のローディーが真顔で私達の横を通り過ぎて行きました。
無題
顔は似てませんがこんな感じでw

てんちょ~さんの到着です。

店からガード下まで近すぎてアップが足りないという事で、てんちょ~さんがちょいと登って戻ってきます。
CIMG7583.png
(ゾノさんはすでに高良山まの途中までの登りでアップ済み)


明日に椿ヶ鼻ヒルクライムを控えるお二人はのんびり流すか、前日に攻めるかを考えてる状況。
CIMG7584.png


とりあえず、行きたきゃ攻める、そうで無ければボチボチと。

要は好きにしなさいとw

結局は皆揃ってボチボチと出発します。

てんちょ~さんと談笑しながら登ってますが、何だか今日のてんちょ~さんはいつもと違う様子。

何故なら私がてんちょ~さんに付いて行けているから。

それは自分がてんちょ~さんより速くなった訳ではありません。

じゃぁ何故?

何故なら前日の夕飯に羨ましい生ビールを2杯も飲んでいたからw

明日にヒルクライムレースを控えている訳でも無い自分は脚を温存しておく必要もありませんので、途中からてんちょ~さんの前に出て高良大社までは牽くかたちになって10分30秒程度で高良大社を通過。

ここからの激坂区間に入って休憩しながらボチボチ登るかと思いきや・・・

・・・・・

ゴォ~!

最後尾からゾノさんが一気に加速して、てんちょ~さんと私を千切っていきます。
ヒルクライムでこの加速
ここにも鬼が!

すると青鬼てんちょ~さんも前に出ます。

どんどん視界から消えてくゾノさん。

せめて調子の悪いてんちょ~さんからは離されない様にしばらくしがみつきます。
CIMG7587.png
が・・・

激坂得意なてんちょ~さんに対して激坂苦手な私

いつのまにやら
CIMG7588.png

離されます。

そうして登ってゴール地点につくとゾノさんがまさかの脚付き。
(写真撮り損ねましたけど)
どうやら脚を攣った様でしたが、大丈夫との事で先へ進むという姑息な方法でゾノさんをパスしてゴールを目指しますが・・・

さすが新鬼ゾノさん、姑息な村人はあっさり千切れる。
CIMG7589.png


脚が攣ったのにあの加速
やはり鬼!

その後はタイム計測をラップを終了するのを忘れてゴールし談笑タイム。

ここでゾノさんは攣った脚を伸ばしてますが椿ヶ鼻はどうだったんでしょう?w
CIMG7591.png

その後は耳納平碑記念撮影会でのセンター位置を争う状況で撮った写真は
CIMG7592.png

センターを譲り合いながらグダグダになった写真ですw

その後も談笑しながらてんちょ~さんが私のサドルに興味がある様で試乗会をしてみるも・・・
CIMG7599.png

厳しい表情

ダメ出し?www


てんちょ~さんの仕事が始まるので名残惜しいのですが、寒くなってきたダウンヒルを終えて午前中限定ライドのため久留米の町を後にしました。



この日は午前中限定ライド。

この時点で9時前で家までの距離は30km。

真直ぐ帰りますか?

いや、今日は1日早いですがロードバイク購入から2年となる日。

これで帰る訳にはいかんめぇもん!

という事で1周年記念ライドと同様に宿敵「坂本峠」でも攻めて帰ろうかとも思いましたが、ちょっと時間が足りなさそうなので帰り道に登り口がある鳥栖側から登る九千部山をターゲットにしてみることに。

いつも那珂川から九千部には登っておりますが、鳥栖側からは登った事がありません。

この鳥栖側から登る九千部への道

それは通称?裏九千部と呼ばれている!らしい

そして裏九千部は表九千部より勾配がキツい様です。

ブログの写真を九千部にしたにも係らず裏九千部を走った事が無いというのも如何なものかという事で登ってみますよぉ裏九千部。
CIMG7605.png


鳥栖プレミアムアウトレットから県道329号線に入っていけば裏九千部を攻めれる(攻められる)様です。

入口はこんな感じで
CIMG7607.png


ちょっとしたらこんな道になってヒルクライムらしさを感じさせてくれますが、
CIMG7608.png


更にちょっと進むと道がまた開けて勾配もそんなにキツく無いのでなんか走りやすい。
CIMG7609.png


「おぉ~これは何だか楽しいゾォ~」と最近では欠けていたもう1つのヒルクライムの楽しみ方「景色を楽しむ」をやってみます。
CIMG7610.png


河内ダム付近では平坦路になってくるので脚まで付いて写真を撮ったり
CIMG7611.png


ワインディングロードを楽しんだり
CIMG7612.png


橋を眺めたり
CIMG7616.png


と、楽しく走りながら「これは表九千部より楽じゃね?」なんて考えてましたがここを過ぎるとなんだか急に雰囲気が変わります。
CIMG7620.png


そんな雰囲気で最初に現れたものは
CIMG7623.png

先日の爆弾低気圧の影響で折れた枝が路上中央に落ちてるかと思いきや蛇でした。

気持ち良さそうに路上で休憩してたので邪魔する事無く通過。

踏まなくて良かったぁ~

そうしていると次に現れたのは分岐点。
CIMG7626.png


道しるべにそって右に曲がると・・・
CIMG7628.png


流石は裏モノ

けっこうエグい坂がモザイクかけずに待ってましたw

表にしか慣れていない私には刺激が強すぎたのか、パラボラコースが効いたのか、
もう耐えられません(゚д゚)!
ハァハァ・ゼェゼェ!

途中でヘロヘロになりながら九千部横断線を横断して那珂川町方向に九千部山頂目指して進みます。

そしていつもの九千部とつながり
CIMG7634.png


そこから3.6km登って山頂に到着です。
CIMG7636CP.png


裏九千部は表と違って12kmのヒルクライムで、パラボラと合わせると22kmのヒルクライム、走行距離101km、累積標高1800m程度と成り、2周年記念にはもってこいのライドになりました!

当然ながらヘロヘロでしたけどねw



てんちょ~さん、ゾノさん、この日は一緒に遊んで下さりありがとうございました。



当日の5時起きと22kmヒルクラが効いたのか秒殺で寝落ちとなった私ですが、今後とも宜しくお願い致します。


↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト