スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2014_ツール・ド・国東_センチュリーラン

 04, 2014 10:30
こんばんは。

5月3日の出来事をだらだらと拙い文章&クオリティの低い写真で綴ります。



前日に大分入りして、ビジネスホテルで早々に眠りに就こうと思いましたが、興奮気味なのかしばらく寝付けず、更に眠りが浅かった気がします。

ぐっすり眠れなくても朝は来ます。

やはりちょっと興奮しているのか、予定より早めに目が覚めます。
CIMG2105.jpg


カーテンを開けると東の空は明るく快晴になりそうな感じがしておりました。
CIMG2106.jpg


天気が良いのを確認すると更に目が覚めたので顔を洗って、サイクルジャージに着替えます。

時間があるのでこんなことして遊んでみる。
CIMG2107.jpg
(チームジャージ初披露です。)

後ろはこんな感じ。
CIMG2111.jpg


6:30から朝食をがっつり食べて、今日もまたYさんの車に乗せて頂き、ホテルから会場にむかいます。

会場に近付くと自転車に乗ってる人が沢山。

どうやら会場にも駐車場はあるのですが、既に満車状態なので少し離れた仮設駐車場から自転車で会場に向かうようです。

こんな感じで。
CIMG2112.jpg


慣らしのつもりで走りながら会場に到着。
CIMG2114.jpg

う~ん、遂に来たねぇ。

会場には沢山のローディーの方が。
CIMG2116.jpg


ここで、当日入りされたチームの方と合流するんですが、黄色いチームジャージなので簡単に見つけ出せます。
CIMG2115.jpg




開会式を終え、スタート位置に着く為に並び出します。

徐々にちょっとした緊張感と多くのワクワク感が増えてきます。

見よ!頼りない父さんの背中を。
CIMG2118.jpg
(他の方は頼もしい背中です。)

さぁ並んで
CIMG2119.jpg

詰めて

後ろはこんなん。
CIMG2121.jpg




スタート時間になり花火?(信号雷)が鳴りさぁ出走です!

っていっても順番があるので、しばらくしてから走り出します。

スタートしてからしばらくは杵築市内をパレード走行ということで、追い抜き禁止で走る訳ですが、2500人程の自転車が長蛇の列を組んで走る姿は圧巻です。

写真はありませんが。

交差点には警察官、コース分岐点や注意箇所には地元ボランティアの方々、そしていたるところで街の方々が声援を送って下さり、街全体でイベントに取り組んで下さってる事を感じながら、声援には手を振って、警察官やボランティアの方には会釈しながら走ります。

市街を抜けるとオレンジロードに入って、いざ登ろうか!

Aコース全体での獲得標高は公式ブログでは1934m。

これを獲得するために、しばらくボリュームあるアップダウンを繰返します。

チームの先輩方について行こうと思っていたのですが、徐々に離される。
CIMG2122.jpg
(先の方に黄色い姿が見えますでしょうか?)

千切れる。

一人旅の始まりですが、想定範囲内だし先ほど千切っていかれた先輩方は15:00にゴールする様な早い方なので気にせず走ります。

今日は千切れても沢山の人が目の前を一緒に登ってます。
CIMG2123.jpg

でものんびりしていては第一関門の足切りに掛かってしまうので少しは急ぎます。

貧脚ながらに登った坂本峠や、4回しかまだ参加出来てない朝練でのダム登りの方がきつかった気がするので、今日は頑張れるのでは?

私も登りでちょっと回してみるか?

やってみますよHIGIRIさん。

なんて思って回し出します。

お~!私でも人を追い抜くことが出来るぞ~!

調子に乗って更に回して進んでいきます。

何人抜いたか分かりません。

「俺って貧脚を脱皮したのか?」なんて思いながら、アップダウンを繰返します。

しばらくすると・・・

疲れる。

上島竜平なみの後先考えないスタートダッシュをかましてしまったから当然と言えば当然。

皆さんペース配分されてたんですね。

ペース配分注意とtatoさんからコメント頂いてのに。

でも遅れる訳にはいかないのでダウンヒルでもちょっと気合を入れて下ります。

terucさんのブログを見て触発され購入したpro4のモチモチ感を利用してグリップ効かせてコーナーを攻めます。
(ただ曲がってるだけですけどねwww)

下ったと思いきやまた登り。

これなら最大標高差が低くても獲得標高があがるのもわかる気がしました。

今度こそ下りきった所で久々の平地になって自然列車が発生します。

船乗りさんがコメント下さったのはこれだったんだと思って列車に乗ります。

追い風も手伝って高速巡航がしばらく続きます。

サイコン見ると52km/h。

はえぇ~~~

平地でこんな速度で走ったことありませんがなぁ~

しかし列車の速度は更に上がります・・・

うそでしょ~!

やはり貧脚

途中下車。

それでも皆さんから頂いたコメントのおかげで力が湧いてるなと感じながら(これ本当ですよ)頑張ってペダルを回して42km/h巡航で走ってA1エイドにピットイン。
CIMG2124.jpg

ここでは水分補給とトイレだけなので、水分補給をしながらチームで後方を走る方を待ちます。

このツール・ド・国東はレースでは無いので順位は関係無い為、チームとしては極力揃ってゴールしようという方針です。

先に行かれる方もいらっしゃいましたが、せっかくなので皆さんと走りたいと思い待つこととします。



大方揃った所で揃って出発です。

しばらく皆さんで走っていたんですが、ちょっとした登りで差が開き・・・

いつのまにやら
CIMG2125.jpg

またも千切れる。

先を行く先輩方に追いつく為にちょっと頑張ってると後ろの方と差が開いてしまった様でまたもや「ぶらり一人旅」

何やら人が増えたと思ったらCコースを走る方々と合流して、完全に車線を自転車が占領している状態です。
CIMG2127.jpg

さすが大会、普段見られない光景です。

途中Cコースを走るチームメイトの方に挨拶をして通過し、第一関門の足切りを決めるA2エイド目指して走ります。

しかしここでAコース最大標高となるチシャノキ峠に向かいます。
CIMG2130.jpg

ここでも貧脚なりの追い込みを掛けてみて、先に行った先輩方に近付くように回します。

安岐ダムを通過。
(写真撮ったつもりが撮れてませんでした。

登った後は一気に下って足切り関門のA2エイド到着です。
CIMG2134.jpg

到着時間は11時24分

36分の余力を残してセーフです。

このエイドから補給食が配給される様になったので早速頂きます。
CIMG2133.jpg

オーバーペースまでは行かないけど、先輩方に追いつく為に結構体力は使っている気がしたので、

バナナを食べたにも係らず
CIMG2135.jpg

予定より早いナンバーバナナまで喰らいます。
CIMG2136.jpg
(ウホウホいいながら食べてたので、写真忘れに気付き食べかけです。)

補給も終ってここでも大方揃って出発です。



今度は下りながらのスタートだったので、先ほどまで千切られていた先輩方の列車の真ん中に入っての巡航です。

しかし、ここからA1エイド前の追い風が向い風へと変わる。

しかし頼もしい先輩方。

ブログをやっている事は皆さんに伝えていませんが、イニシャルがかぶり、訳が分からなくなるので実名分からない程度にお名前使わせて頂きます。
(もし万が一ご覧になっていた場合は後日おしかりをお受け致します。

いつも朝練で私の後ろで殿を務めてくださるjunさんが今日は引いてくださります。

初めてjunさんの走りを後ろから追いかけますが、この向い風の中でも早い・早い。

30km/hオーバーで引いてます。

「すいません、いつも後ろでフラストレーション溜まってましたよね。」なんて思いながら走ります。

しばらくすると、今度は若手のエースy君が引きます。

このy君は細身なのに剛脚の持ち主で、緩い登りなら手放しで登っちゃいます。

さすがに向い風でも早いです。

そしてまたしばらくすると今度はy君に変わってnakaPさんが引きます。

nakaPさんとは今日が初対面で先ほどのA2エイドで初めて会話を交わしましたが、この方も剛脚。

皆さんの引きに助けられて、なんとか強風向い風の平地はついて行けてます。
(当然ながら写真を撮る余裕はございませんでした。)

しかし、かなえ台という場所のちょっときつめの上り坂で・・・

あっさり千切れる。

またも「ぶらり一人旅」

しかしちょっと走ればA3エイド到着でした。
CIMG2140.jpg

そういえば自転車撮って無かったなと思って吊られた自転車を撮りました。
CIMG2141.jpg

ここでは激向い風の中、引いて下さった方の疲労がちょっと出た様な感じでした。
(本当にありがとございました。)

引いてもらったくせして、しっかりと私も疲れていたのでストレッチを入念に行ってる間にいつのまにか揃って出発です。



さぁ今度こそは次のエイドまでついて行くぞと気合だけは入ってます。

しかし、今度は上りからのスタート。

しょっぱなから千切れる。

このコースには3つの峠超えがあるのですが、A3エイドが最後の峠の上り始めにあるので4度目の「ぶらり一人旅」は登りながらの旅となりそうです。

しばらく走っていると黄色いジャージが見えて来ました。

誰かいると思って疲れているのにここでも貧脚アタックをかまします。

するとtoyoさんがいらっしゃいました。
CIMG2142.jpg

この方、60歳(70歳?)を超えていらっしゃるのですが、いつもの朝練でダムを登る際には殆ど下ハン握ってアウタートップ付近で登られるという御仁です。

今日もアウタートップ付近で登っておられます。

イベントすら練習の場とされるとはさすが猛者。

猛者を追い越すのは気が引けましたが、少しでも早めにエイドに入って休憩したいなと思った私はtoyoさんに挨拶して先へ向かいます。

すると目の前に聳え立つ山。

え~これを登るのか~?
CIMG2143.jpg

するとこの後に交差点があり、そこで待つボランティアの方がコース案内。

「ここ左折してちょっと急な上り坂。超えたら下りで10km。頑張って~」と。

むむっ!

急な上り坂?

下り10km?

ドキドキとワクワクが交錯します。

先ずは急な上り坂とやら。

確かに疲労のせいもあるのか今日一の急勾配な気がします。

「ぬぉ~何故ここで?何故この斜度!このまま行ったら足つくやん!」って思ったら距離は無く、あっさり終了。

続いて下り10kmとやら。

そんなこと体験したこと無いので、「10kmも下りなら思う存分休めるねぇ~」なんて思いながら下り始めます。

しかしここでも向い風が立ちはだかります。

大してスピードは上がりません。

というかペダル回さないと進みません。

「おじちゃんの嘘つき~。下りもう終っとるやん!」
(おじちゃんのせいでは無く、風のせいなんですけどね。

向い風に爽快なダウンヒルを奪われ機嫌を損ねたおっさんを横目に彼らは気持ち良さそうに泳いでます。
CIMG2144.jpg
(鯉のぼりが水平になる程の風でした。)

下りきると大好きな海が見えてきてます。
CIMG2146.jpg

「お~海だ~!これからは平坦な道が続くかな?」

なんて思ってると結構アップダウンがありますが、なんとかやり過ごしてA4エイドに到着です。
CIMG2148.jpg

ここではkotoさんやnakaPさんと「さっきの下りは騙されたなぁ~」「今度は方向的に向い風は減るかな~」なんて話しながら配給の為に並んでやっと昼飯にありつきます。
CIMG2151.jpg
この豚汁美味しかったです。

地元の方々が作って下さるこの食事を晴天(風は余計ですが)の下で頂くと疲れも癒えてきます。
(地元の方には感謝・感謝です。)

美味しい昼飯を補給してトイレによって皆さん揃ったところで出発しようとしていると「鬼」の登場です。
CIMG2152.jpg
写真では分かりにくいのですが、軽トラに鬼と書いてあります。

「鬼」とは鬼ごっこの鬼という感じで、出走者はこの鬼に追っかけられてる訳です。

捕まってしまうと自転車ごと積まれて強制連行されてしまう様です。

のんびりはしてられないのでちょっとばらけた感じで出発します。



出発してからはnakPさんが引いてくださり進んでます。
CIMG2153.jpg

完全な向い風では無くなったのですが風の影響はまだあります。

ちょっとnakaPさんに申し訳ない感じがしたので、貧脚父さんは意を決します。

「変わって引きます。遅くなったら抜いて下さい。」

と言ってnakaPさんの前に出ます。

生まれて初めて引く列車。

「俺みたいな初心者が引いていいのか?でも引かんと申し訳なかろうもん!」と思って、変わっていきなり減速する訳にもいかないので、35km/h前後で引いてみます。

10km程度引いた所でまたも向い風。

こうなると貧脚父さんはあっさり死亡です。

手信号でお先へどうぞと合図します。

千切れる。

一日で5回目となる「ぶらり一人旅です。」

「海が綺麗やねぇ~」
CIMG2155.jpg

先程まで必死だったので、のんびりします。

そうしているとA5エイドです。
CIMG2156.jpg

ここも海が綺麗です。
CIMG2157.jpg

補給食も頂きましたがこれも補給します。
CIMG2158.jpg

後はゴール目指すだけですが、時間制限に掛かりそうな気配がしていたので、後ろの方を残しての出発です。



時間が迫って来ている状態で先輩方から離される訳にはいかないので必死について行きます。

しばらくすると福岡県のサイクルチームが3チーム並んだ上にもう1チーム加わって、まるでチーム対抗戦かの様に走ります。

ここからちょっとしたデッドヒートが繰返されて抜きつ抜かれつの状態が続きます。
(険悪な雰囲気は決してありませんでしたよ。)

「チームの為にも変な走りは出来ん!」なんて思って走りますが、ここでも貧脚ぶりを発揮します。

徐々に徐々に他のチームの方も含めて、存在は大きいんですが皆さんが小さくなって行きます。

千切れる。

本日最後の「ぶらり一人旅」決定です。

体力を消耗した私は微妙な向い風に立ち向かいながら走ります。

「誰かの後ろにつきたい」なんて思っても、追い付く人のペースで走れば先輩方に迷惑をかけるかもしれないと思い、自分に近いペースの人を探すも見当たらない。

それどころか後ろを見ると何人かの人がつている。

「いや~前行ってぇ~」なんて思っても行ってくれない。

しばらくすると疲れてペースが落ちて来て抜かれるので、抜かれた瞬間に後ろに喰らいつきペースを保つ。

すると前の方も疲れてペースが落ちて、私が抜いたりを繰返す。

そうこうしていると自己最高ロングライド記録の143.9kmを更新しておりました。
CIMG2159.png

疲れはあるが時間制限もあるので急がねば!

この時は密かにエイドで早めに出発してゴール手前で待っとけば良かったかななんて考えが頭をよぎりました。

しかしそんな事を考えても意味は無いので「ここだ!」と思いこいつを補給します。
CIMG2018.png
(遅い?)

止まる訳にはいかないので走りながらの補給です。
CIMG2160.jpg

補給完了で「さぁ後半で差をつけれ無いので、後半で差を埋めますか!」と気合を入れて回します。

1人・2人・3人・4人と追い抜きます。

が、またも向かい風。

正直心が折れそうです。

しかしこれも大会のいいところなのでしょうか。
CIMG2163.jpg

先程、私と抜いたり抜かれたりを繰返していた方に遭遇します。

もう、ちょとした戦友気分(私だけでしょうが)でお互い向い風で体力を消耗してしまわない様に引き合います。

その状態で走っていると先輩方がゴール手前で待っていて下さり合流します。

更に後ろから来る方とも合流しゴールに向かいます。

ゴールが見えて来てから、縦一列から横一列に並び変えて、並んでゴールを目指します。
CIMG2164.jpg

そして遂に

ゴール!

遂に走りきれました160km!

ゴールした瞬間にボランティアの方が大分限定と思われるジュースを走って持ってきてくれてました。
(大変ありがたく感じました。)
CIMG2165.jpg
サイコン見ると210m足りませんが良しとしましょう。

一緒に走って頂いた先輩方との写真です。
CIMG2166.jpg
(遅かったくせして中央付近にいたりします。)



自転車買って半年とちょっと。

まさか自分がこんな事に挑戦するなんて思ってもおりませんでしたが、ブログを始めて、皆さんから頂いたコメントで多くの事を学んだり励まされたり、又チームの先輩方にも同様に多くの事を教えて頂き、ここまでこれたんだなぁと記事書きながら目頭が熱くなりました。

本当にありがとうございました。

また大会当日にご協力頂いた大会関係者の方にも心より御礼申し上げます。

こんな拙い長文を最後まで読んで下さった方にも感謝致します。



いやぁ~本当に楽しかったです!



当日の走行記録
・走行距離:159.79m
・走行時間:6時間21分6秒
・平均速度:25.1km/h
・最高速度:61.4km/h
・最大標高差:268m(公式サイトより)
・格闘標高:1934m(公式サイトより)



センチュリーランを走り終えjunさんから「走り込んだね」って言葉を頂いて「ちょっとは成長したかな?」なんて調子に乗っちゃった私ですが、今後とも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

COMMENT - 10

Mon
2014.05.05
05:41

HIGIRI #-

URL

おはようございます。

ツールド国東、お疲れ様でした。
そしてボリュームのある記事、ご苦労様でした(笑)

やりましたね、160km完走おめでとうございます。
書かれている内容、その場の状況がよ~く想像できますねえ。

色々な方と走ると、自分が思った以上に走れますよ。
山上りでも自然と付いていけますし、体験した列車に乗れば
とんでもないスピードが出ますしね。

走っている最中は苦しかったと思うのですが、
完走した後の気分はもうサイコー!だと思いますよ。










Edit | Reply | 
Mon
2014.05.05
09:35

keibon #-

URL

Re: HIGIRI様

HIGIRI様へ

コメントありがとうございます。

今までに大会向けての助言や声援、本当にありがとうございました。
本当に大会中はHIGIRIさんのサイピクの記事を思い出しながら、登ってましたよ。(^o^

大会の力って本当に凄いですね。
仰られる様にいつも以上の力がみなぎって来ますね。

記事の内容も自分が忘れないようにダラダラ書いてしまったので、かなり長くなってしまいました。^_^;
私も数回に分けて書いた方が、読んで下さる方には優しかったのではなんて今さら反省しております。(;^_^A
読んで下さってありがとうございました。


> おはようございます。
>
> ツールド国東、お疲れ様でした。
> そしてボリュームのある記事、ご苦労様でした(笑)
>
> やりましたね、160km完走おめでとうございます。
> 書かれている内容、その場の状況がよ~く想像できますねえ。
>
> 色々な方と走ると、自分が思った以上に走れますよ。
> 山上りでも自然と付いていけますし、体験した列車に乗れば
> とんでもないスピードが出ますしね。
>
> 走っている最中は苦しかったと思うのですが、
> 完走した後の気分はもうサイコー!だと思いますよ。

Edit | Reply | 
Mon
2014.05.05
10:49

船乗り #K2Rmj1sE

URL

こんにちは。
ルールド国東、完走おめでとうございます。
記事、大変楽しく拝見させて頂きました。
自分の名前が記事に登場すると嬉しいですねw
イベントの醍醐味はエイドと列車だと私は思うのですが
十分堪能されたのでは?
しかし、この距離と獲得標高でアベ25オーバーとは流石ですね。もうタイトル詐欺になってますよ(笑)

Edit | Reply | 
Tue
2014.05.06
06:57

keibon #-

URL

Re: 船乗り様

船乗り様へ

コメントありがとうございます。
おかげさまで、無事に完走出来ました( ^o^)

イベントの醍醐味は仰られる様にエイドと列車だと私も感じました。
船乗りさんからコメント頂いていたので、列車に躊躇無く乗れたと思います。
エイドでの休憩は5分は軽く越えてましたけどね。(。>ω<。)

アベに関しては大会による不思議な力とチームの方のお陰であって、通常の走りだと絶対出ない数字だと思います。^_^;
騙すつもりも有りませんよ(;゚д゚)

> こんにちは。
> ルールド国東、完走おめでとうございます。
> 記事、大変楽しく拝見させて頂きました。
> 自分の名前が記事に登場すると嬉しいですねw
> イベントの醍醐味はエイドと列車だと私は思うのですが
> 十分堪能されたのでは?
> しかし、この距離と獲得標高でアベ25オーバーとは流石ですね。もうタイトル詐欺になってますよ(笑)

Edit | Reply | 
Tue
2014.05.06
09:05

kane #-

URL

初めまして。ツールド国東のブログ検索で来ました。

完走おめでとうございます!
自分も去年ロードバイクを買ったばっかりで、今回の国東A
コースが初めて出る大会だったので「そうですよねー」と思い
ながら記事読ませていただきました。特に登り切った後の
下り10kmの強烈な向かい風のところは自分もホントに
泣かされました。

でも運営も、応援も、天気も、景色も、昼食もよかったので
来年も出たいいい大会でした。

Edit | Reply | 
Tue
2014.05.06
09:31

keibon #-

URL

Re: kane様

kane様へ

初めまして。
コメントありがとうございます。

kane様も初のイベントだったんですね。
同じ様な境遇の方で、私の拙いブログで共感していただけて嬉しい限りです。

10kmの下りは本当にがっかりでしたよね。^_^;

またお時間があればお寄り下さい。

> 初めまして。ツールド国東のブログ検索で来ました。
>
> 完走おめでとうございます!
> 自分も去年ロードバイクを買ったばっかりで、今回の国東A
> コースが初めて出る大会だったので「そうですよねー」と思い
> ながら記事読ませていただきました。特に登り切った後の
> 下り10kmの強烈な向かい風のところは自分もホントに
> 泣かされました。
>
> でも運営も、応援も、天気も、景色も、昼食もよかったので
> 来年も出たいいい大会でした。

Edit | Reply | 
Tue
2014.05.06
10:15

DENCHIクン #bxvF113M

URL

はじめまして。
初国東、初完走おめでとうございます。
このジャージは春日のショップキクチさんですか?

それはともかく、半年で国東Aコース完走はすごいと思います。
今後も精進されてください。

Edit | Reply | 
Tue
2014.05.06
11:48

keibon #-

URL

Re: DENCHIクン様

DENCHIクン様へ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

チームの件はバレてしまいましたか。(;゚д゚)
(写真載せてるから当然ですが。)
品の無い私のブログとチームとは関係ありませんので、悪しからず。m(_ _)m

走りを鍛えてくださったのはチームの先輩方ですけどね。( ^o^)


> はじめまして。
> 初国東、初完走おめでとうございます。
> このジャージは春日のショップキクチさんですか?
>
> それはともかく、半年で国東Aコース完走はすごいと思います。
> 今後も精進されてください。

Edit | Reply | 
Wed
2014.05.07
12:41

teruc #-

URL

ツールド国東、おつかれさまです。
そして完走おめでとうございます!!

いろいろ変化に富んだコースをチームの人と走ったりで、楽しそうですね〜
ブログ読ませてもらって、ぼくもいつかイベントに出てみたいと思いました。

今後もがんばってくださいね(^^)

Edit | Reply | 
Wed
2014.05.07
20:47

keibon #-

URL

Re: teruc様

teruc様へ

コメントありがとうございます。

おかげさまで、無事に完走出来ました。( ^o^)

山あり、海ありで本当にバラエティに富んだコースできつかったけど、楽しかったですよぉ。

偉そうな事は何も言えませんが、イベントに出るとなれば走る目的が増えて楽しさも増す様な気がするので、機会があればterucさんも出てみては如何ですか?

ブログねたにもなりますよ。^_^;

> ツールド国東、おつかれさまです。
> そして完走おめでとうございます!!
>
> いろいろ変化に富んだコースをチームの人と走ったりで、楽しそうですね〜
> ブログ読ませてもらって、ぼくもいつかイベントに出てみたいと思いました。
>
> 今後もがんばってくださいね(^^)

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。