スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ヒルクライム入門_貧脚の証明

 24, 2014 23:59
こんばんは。

毎週末恒例の寝落ちを回避し、今夜も綴ります。



今日の福岡県は晴天。

予想最高気温は29℃と夏日和。

これくらいの暑さであれば青空見ると走りたくなります。

が、

今日は朝からPTAの廃品回収があり、昼には小学校関係の説明会に嫁ちゃんが出席する為、子供をおいて自転車に乗るなんて事は出来ません。

泣く泣く、朝から嫁ちゃんの代わりにまたもや主夫となり家事に勤しみます。

掃除・洗濯・洗い物の家事が終れば、今度は青空の下で庭の草取りをした後に昼飯食べて子供と遊んでのんびりします。

嫁ちゃんが帰宅し「疲れたぁ」と。

どうやら、これからどこかに遊びに行くのは無理の様。

でも買物には行かないといけない状況の様。

私「1時間程、走ってきていい?」

嫁ちゃん「いいよぉ」

急いで着替えて、急いで家を出ます。

こんな物付けて。
CIMG2336.jpg

runの時に付けてた腕時計です。



1時間程しか時間が無くロングは無理なので、今日は距離や平均速度は気にする事無くのんびりと走ります。

向かう場所はこちらの山。
CIMG2338.jpg
四王寺山。

どうやらローディーたる者、「登ってなんぼ!」的なとろこがある様な感じを強く受けつつあるので、時間が無いときは登ろうかと。

また、最近はその影響でかヒルクライムの大会もちょっと気になり出しているので登ろうかと。

はたまた、最近は貧脚を疑われている様な嬉しいコメントも頂いているので、貧脚を脱したのか確認する意味でも登ろうかと。

とあるブログで偶然に発見したものが、四王寺山での上りの概要に自転車での平均時間16分ということが書かれてあったので、ルートラボで調べて見ると、
無題

確かに
距離:4km
最大標高差:284m(私がゴールと決めた所です。)
平均斜度:7%
想定所要時間:自転車16分

自分は何分で登れるんだろうか?という疑問がここに向かわせます。
CIMG2339.jpg

ヒルクライムに挑戦するために、この場所を今後、「自分を確認する場所」に設定します。

この橋を渡る前をスタートとします。

ここで、ラップタイムを計る為に腕時計のストップウォッチを0設定して
(やはりガーミンン?)
CIMG2340.jpg

さぁスタートです。

ヒルクライムはリズムが大事の様なので、ケイデンスと呼吸を整えながら走ろうと思いますが、ケイデンスも心拍も図れませんので、ケイデンスは感覚で、呼吸はスッ・スッ・ハァーという感じでやってみます。
(やはりガーミン?)

登り始めはギアは34T-19Tで呼吸もいい感じで進みますが、この前同様にカーブ5から呼吸が乱れ始めます。

ギアも1枚落として34T-24Tと、封印している27Tまではもう後がありません。

カーブ10になってくると、呼吸は完全に はぁはぁ・ぜぇぜぇ。

途中、MTBの方が降りてくる際に声を出して挨拶をくださりましたので、私も「こんにちは~」なんて返してみると、更に呼吸が乱れます。

今回がこの四王寺は2回目なので、カーブ31を過ぎたらゴールだという事は分かっており、「何処まで登ればいいと~?」という心が折れそうな事は無いので挫けず回します。

実は登り始めの時に終盤に「アタックかけてみるかな!」なんて思ってました。

カーブ30に差し掛かった時。

「アタック行くか?」

「行けませ~ん

「じゃあカーブ31の後?」

「やっぱ無理~

速度を11km/h以下にしないようにするのに必死な状態で瀕死の状態です。

なんのメリハリも無くゴール地点と決めた場所に到着です。
CIMG2341.jpg


そこで左腕を確認してみます。

最近、結構登るようになってきたし国東Aコースも走りきれた事もあるので、密かに平均だと思われる16分くらいかなと期待している自分がいます。

さて、結果は?
CIMG2342.jpg

18分46秒21

やはり貧脚。

何事も無かったかの様に写真休憩だけして下ります。
CIMG2343.jpg



この後はさっと家に帰り、何も無かったかの様に長男坊と自転車の練習です。
CIMG2345.jpg


ヒルクライムを鍛えるために、家の前の坂は私が回します。
CIMG2346.jpg
(ほら、貧脚でしょ~)



本日の走行記録
・走行距離:22.2km
・走行時間:1時間8分
・平均速度:19.6km/h
・最大標高差:301m
・獲得標高:350m



ヒルクライムに入門する前に貧脚ぶりを証明した私ですが、今後とも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

COMMENT - 6

Sun
2014.05.25
08:16

HIGIRI #-

URL

おはようごさいます。

ルートラボの表示にはだまされないようにして下さい(笑)
私もよく騙される事ありますから。
でも、トレーニングコースとしては、いいコースですね。

最後の写真、いいですねえ(^^♪
写真で見る限り、結構な坂のようですが。

お子さんのチャリでこの坂の特訓続けられたらどうですか(笑)

Edit | Reply | 
Sun
2014.05.25
08:43

keibon #-

URL

Re: HIGIRI様

HIGIRI様へ

コメントありがとうございます。

ルートラボが厳しい設定だと嬉しいですけどね。(^_^)

時間はあくまで目安と開き直ってます。(^.^)

この四王寺山を今後の自分確認の場所として、朝練で鍛えていけたらいいかなとか考えてますがいかに。(;・д・)

> おはようごさいます。
>
> ルートラボの表示にはだまされないようにして下さい(笑)
> 私もよく騙される事ありますから。
> でも、トレーニングコースとしては、いいコースですね。
>
> 最後の写真、いいですねえ(^^♪
> 写真で見る限り、結構な坂のようですが。
>
> お子さんのチャリでこの坂の特訓続けられたらどうですか(笑)

Edit | Reply | 
Sun
2014.05.25
08:59

kane #-

URL

おはようございます。

自分の場合坂を目指すのは平坦な道より坂道の方が脚が鍛えられると思ってるせいかもしれません。自分ちの近所の皿倉山をルートラボで探して見ます。

Edit | Reply | 
Sun
2014.05.25
10:09

keibon #-

URL

Re: kane様

kane様へ

コメントありがとうございます。

私も最近までは坂を目指すのは、kaneさんと同様の考えだったんですけど、なんだか微妙に気持ちが変化し始めている気がします。

皿倉山はかなりきつそうな気がしますねぇ。

私も仕事の関係で10年程前は北九州に居ましたし、新入社員の時は藤田町で仕事してましたので、皿倉山って言葉が非常に懐かしいです。(^_^)

> おはようございます。
>
> 自分の場合坂を目指すのは平坦な道より坂道の方が脚が鍛えられると思ってるせいかもしれません。自分ちの近所の皿倉山をルートラボで探して見ます。

Edit | Reply | 
Sun
2014.05.25
17:48

teruc #-

URL

家の前、激坂ですねv-42

以前、何かの本で読んだのですが、ゆるやかな坂は、サドルの前のほうに座って、通常より前傾でこぐと楽ですよ。太ももの重さで勝手に進んでくれます。まあ海抜0メートルの我が家の近所の坂では有効ですが、keibonさんの家の近くの激坂や峠では歯がたたたないかもしれませんけどv-69

Edit | Reply | 
Sun
2014.05.25
20:15

keibon #-

URL

Re: teruc様

teruc様へ

コメントありがとうございます。

家に向かう坂は子供が撮った写真なので激坂に見えるようになってると思います。
どうやら誤解を招いている様なのでルートラボで調べてみると5.7%でした。m(__)m

私も上りは体重を適正な位置まで前側にシフトした方が良いというのを目にしていたので、前傾で登っているつもりですが、疲れてくると楽になりたいと思って無意味に超前傾にしたりしています。(笑)

情報ありがとうございました。

> 家の前、激坂ですねv-42
>
> 以前、何かの本で読んだのですが、ゆるやかな坂は、サドルの前のほうに座って、通常より前傾でこぐと楽ですよ。太ももの重さで勝手に進んでくれます。まあ海抜0メートルの我が家の近所の坂では有効ですが、keibonさんの家の近くの激坂や峠では歯がたたたないかもしれませんけどv-69

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。