スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

初の椿ヶ鼻ヒルクライム試走はリタイア?

 13, 2014 00:00
こんばんは。

今夜は恥ずかしながらに綴ります。



明日からの両親・兄弟家族揃っての旅行を前ということで、予想通りに嫁ちゃんはイベントの前日は何もせずに家に居たがるので、私は予定通りに本日は自転車に乗る日とします。

目覚めたのは朝4:50。(本当は4時ジャストに起きるつもりでしたが)

早速、着替えて朝食にこれを食べて出発です。
CIMG2944.png


5時30分前に出発しましたが、雲もあるせいかまだちょっと暗いです。
CIMG2945.png


天気予報は晴れなので、気にせずに目的地へコギコギ。

県道112号線のこんな道を走ってみたり
CIMG2946.png
(車の心配が減るんですが、歩道の切れ目の段差が嫌ですね。)

こんな招き猫を眺めてみたり
CIMG2947.png


山があるはずなのに見えない山を撮ってみたりして東の方へ進んで行きます。
CIMG2951.png


30km程走ったところで先月に家族で来たこちらにピットイン。
CIMG2958.png


「先月は家族4人でこの水車をバックに写真撮ったよなぁ」と思いながらパシャリ
CIMG2956.png
(今日は自転車です。)

ここでトイレ休憩を済ませて、そそくさと更に東へ向かいます。

原鶴温泉街に入って
CIMG2959.png


川沿いの走りやすい道を走り
CIMG2960.png


うきは市を通過して
CIMG2969.png


やってきたのは日田は大分県。
CIMG2971.png


向かう先は
CIMG2975.png

椿ヶ鼻。



何故かって?

脚力も無いくせに勢いでエントリーしちゃった椿ヶ鼻ヒルクライム。

先ずは今の自分がどこまで登れるのかを確認する為の試走をやってみたいから。

車でのトランポも考えましたが、せっかくの休みだし、今月初めてのライドということもあって自走を選択です。

この時点ではまだ日も高くなく、雲もあるので涼しげに日田の町を210号線を走りながら抜けて行き、小国に向かう国道212号との分岐点にやってきます。

すると昔は団子汁屋だった(たぶんですけど)場所が、ちょっと変わったセブンになっていたので一枚。
CIMG2976.png


しばらく椿ヶ鼻ハイランドパークの看板を横目にR212を走っているとこんな看板が見えてきました。
CIMG2978.png

どうやらここが椿ヶ鼻の入口の様です。

さっそく右折。

とは行かずに直進で通過します。

向かった先はここから2km程さきのこちら
CIMG2979.png
道の駅おおやま


川の写真を撮りたくて。
CIMG2982.png


っていう訳じゃなくて、今度試走する時の事を考えて寄ってみました。
CIMG2981.png


「ふむふむ、そうか」と一人納得し椿ヶ鼻目指して走ろうかと思いましたが、その前にチューチューと補給。
CIMG2984.png


今度こそはと先程の交差点を逆から来たので左折して椿ヶ鼻に向かいます。

しばらく走ると、ここがスタート地点と思われる場所にて立ち止まります。
CIMG2987.png


サイコンを見るとここまでの走行記録は
走行距離:65.56km
走行時間:2時間45分
平均速度:23.8km/h

ということでエイっとリセットです。
CIMG2991.png


先ずは1発目の試走なのでコースもうろ覚えで、登りきれるかも分からないので時間は関係無いんですが、コースの把握の為の距離確認と実力把握の為の平均速度を見てみようかなと。


早速、スタート。(8時58分)

いきなり私にとっては結構な勾配でのスタートです。
CIMG2993.png

速度はこんなもんしか出せません。
CIMG2994.png


続いて登坂車線が出てくる道では
CIMG2995.png

早くも10km/h以下
CIMG2996.png


という風にコース概要と走行状況を写真に納めながら走行です。
(この後は割愛しますが。)

CIMG2997.png

結構な坂を登りながら左前方に見えたガードレールで早速、敗北の予感が。


こちらは通る事無く、トンネルに入って行きます。
CIMG2998.png


トンネルを抜けてしばらくするとダムの横を平坦&ゆるい下りで走り抜けますので、ここで貧脚の私は脚を休める区間にしようと考えます。
CIMG3002.png


緩い下りを終えてからは当然ながら上り坂。
CIMG3006.png

ここで5km程度。

「おぉ~、遂に本格的に登るのかぁ!」と気合を入れ直しますが、ちょっと登ってまた緩くなります。

「まだここは平坦区間だっけか?」なんて考えて走っていると
CIMG3007.png

見えて来ました、なんだか長そうな上り坂。


当然ながらこの時点で貧脚父さんの息はハァハァ・ゼェゼェ。

家の中まで響いてそうな怪しい息遣い。
CIMG3009.png


もはや10km/h前後でしか進めない状況で前津江小学校の看板を前にスタっと・・・

脚付きました。

距離にして6.7kmとまさしく半分の距離にてダウンです。

とりあえず、やられた場所を写真に納めて出発です。
CIMG3014.png


1回脚付くとほんのちょっと脚が回復した気になりながらも、息遣いは変わらずに登って行きます。

脚が回復したと思ったのはほんの一瞬だけでまたもや脚が重くって来ます。

ハァハァ・ゼェゼェ、ハァハァ・ゼェゼェ

「ぬぉ~、脚が重~い!太腿ヘロヘロ~」スタっと・・・

2度目のダウンです。

今度は9km程走った所のT時路にて。
CIMG3024.png


徐々にダウンするまでの距離が縮まってきています。
(この時から敗者になるカウントダウンが始まっていたようです。)

気を取り直して、ファイティングポーズをとり偉大なるチャンピオンに向かっていきます。

こんな分岐点での看板を見て、右へ進みます。
CIMG3029.png


どうやらここからが偉大なるチャンピオンの本領発揮。

遠くに見える壁の様な坂を見て挑戦者の闘争本能はあっさりと消え去ります。
CIMG3031.png


一矢報いようとペダルを回しますが・・・スタっと・・・
CIMG3032.png

この場所(11km程)で3度目のダウンです。(TKOではありません。)

勝てる見込みは無くても最後まで闘うんだと、激坂でクリートキャッチ出来ないので横向きにちょっと走ってクリートをキャッチし更に登ります。

この時点でハァハァ・ゼェゼェは当たり前の状態に加えて全身カクカク状態で震えたチワワの様な状態で坂を登って行きます。

チャンピオンの容赦ない攻撃は止りません。

クライマーの方にしてみればジャブ程度の坂かもしれませんが、私にとっては強烈なカウンターの様な坂。

距離にして12km程。

ここに来て人生初めてのハムストリングを攣るという状況に追い込まれます。

「ぬぉ~!いてぇ~!」と悶絶状態。

ハムストリングの痛みはつま先上げて治まりましたのでヨシとして、途中で塩分チャージもこまめにやって来たにも係らずに脚が攣るってことは「これはストレッチが足りんとよ」とストレッチを試みると、今度は大腿四頭筋が攣る。

またも悶絶。

ここでセコンドからタオルが投げられます。
ここまでの走行記録
走行距離:12.2km
走行時間:1時間5分
所要時間:80分
平均速度:11.1km/h

敗者の写真(反対車線での休憩です。)
CIMG3035.png

ちょっとしばらく放心状態です。


もうダメだと思いダウンヒルに入ろうとしましたが、「何回脚付いてもいいし、押して歩けばよかろうもん!」と思い直して再びペダルを回します。

しかしこれが本当の脚が売切れ状態。

700mばかりしか進んでないのにまたもダウンです。

「やっぱり無理か?」と思いながら200m程、押して歩いていると椿ヶ鼻ヒルクライムのポスターにも載っていた風車が見えました。

更に気になる巨大な岩とそこに続くガードレール。
CIMG3049.png

登ってみたい。登れるか?

と思いながらもう一度自転車にまたがって登っていくと
CIMG3054.png
遂に椿ヶ鼻ハイランドパークへ。

そして
CIMG3055.png
遂にゴールらしき場所へ。


その先に見えたのは釈迦堂頂上への登山口。
CIMG3056.png

ちょっとだけ自転車で登りましたが、当然のごとくDNFです。

数回ものダウンをしながらも登った記念に写真をパシャパシャと撮ります。
CIMG3057.png


CIMG3059.png


CIMG3060.png


CIMG3065.png


と撮影をしていると、ザザザザァ~という音が後方から。

振り返ると
CIMG3062.png

自転車までもダウンです。

この後はお腹いっぱいのダウンヒルは寒さで堪能できずに、下界に降りて極度の疲労と蒸し暑さを感じながら最近補給の時にはまっているこちらを飲んだり
CIMG3070.png


その後のピットインではこんなもの食べて
CIMG3071.png


無事に我家に到着です。



今日の結果を見れば、やはり無謀すぎたエントリーだった気がしています。



本日の走行記録
・走行距離:160.5km
・最大標高差:913m
・獲得標高:1795m
140808_2.png



無謀なエントリーを今頃実感した私ですが、今後とも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

COMMENT - 8

Wed
2014.08.13
01:19

kane #-

URL

こんばんは。

試走お疲れ様でした。60km以上走ってのヒルクライムはやっぱりハードなようですね。疲労なしの状態からだったら大丈夫だと思いますよ(^^)一度走っておくとイメージ出来るので気持ちが切れずに頑張れると思います。

Edit | Reply | 
Wed
2014.08.13
01:50

喫煙ライダー #VWFaYlLU

URL

おつかれ様でした(^^)

日田まで自走+
ヒルクライムですから
大満喫?でしたね(笑)

途中の足着きは久々の
ライドだったってのも
あると思いますよ

私だったら200mおきに
休憩するから…(ーー;)

お盆も仕事なんで
ジテツウ頑張ります(^^)

Edit | Reply | 
Wed
2014.08.13
07:45

keibon #-

URL

Re: kane様

kane様へ

おはようございます。

前走距離よりもこのコース自体が私にとってはきつかった様です。(^_^;)
今度は車で行ってから登ってみます。

登れるといいんですが…^_^;

コメントありがとうございました。(^o^)

> こんばんは。
>
> 試走お疲れ様でした。60km以上走ってのヒルクライムはやっぱりハードなようですね。疲労なしの状態からだったら大丈夫だと思いますよ(^^)一度走っておくとイメージ出来るので気持ちが切れずに頑張れると思います。

Edit | Reply | 
Wed
2014.08.13
07:49

keibon #-

URL

Re: おつかれ様でした(^^)

喫煙ライダー様へ

おはようございます。

久しぶりのライドにしては、お腹いっぱい、脚いっぱいのライドで満喫(悶絶?)出来ましたよ。^_^;

足付きは気にせずに楽しく登るのが良いようですね。

お盆はお仕事大変でしょうが、安全にジテツウされて下さいね。(^_^)/~

コメントありがとうございました。(^o^)

> 日田まで自走+
> ヒルクライムですから
> 大満喫?でしたね(笑)
>
> 途中の足着きは久々の
> ライドだったってのも
> あると思いますよ
>
> 私だったら200mおきに
> 休憩するから…(ーー;)
>
> お盆も仕事なんで
> ジテツウ頑張ります(^^)

Edit | Reply | 
Mon
2014.09.15
21:49

だいらっく #-

URL

椿ヶ鼻ヒルクライムで検索して拝見いたしました。実は僕も昨日試走に行ったのですが、本当にきつかったです。素人なりに勝負所を探りに行ったのですが、それどころじゃないですね。完全に自分との闘いですね・・。死ぬかと思いましたww

実は僕もYAHOO!ブログで今回の試走についてアップしています。仕事が和食料理人なのでタイトルは「板前ロード」で検索してしてみてくだされば幸いです。まだまだ始めたばかりなんですが・・。

同じGAINTですね。当日はお互いに頑張りましょう!

Edit | Reply | 
Tue
2014.09.16
21:58

keibon #-

URL

Re: だいらっく様

だいらっくさん 初めまして!

だいらっくさんも椿ヶ鼻に出られるんですね。
ブログ拝見させて頂いた感じでは、自走されてのヒルクライムであの結果であれば、確実に私より速いですね!
(当然と言えば当然ですけどね^_^;)

大会当日にお会いできると良いですね!

お互い頑張りましょう!

コメントありがとうございました。( ^o^)

> 椿ヶ鼻ヒルクライムで検索して拝見いたしました。実は僕も昨日試走に行ったのですが、本当にきつかったです。素人なりに勝負所を探りに行ったのですが、それどころじゃないですね。完全に自分との闘いですね・・。死ぬかと思いましたww
>
> 実は僕もYAHOO!ブログで今回の試走についてアップしています。仕事が和食料理人なのでタイトルは「板前ロード」で検索してしてみてくだされば幸いです。まだまだ始めたばかりなんですが・・。
>
> 同じGAINTですね。当日はお互いに頑張りましょう!

Edit | Reply | 
Sat
2014.09.27
23:52

まさやん #JalddpaA

URL

英彦山サイクルトライアルよりキツイ感じですかね?(´・ω・`)

Edit | Reply | 
Sun
2014.09.28
07:51

keibon #-

URL

Re: まさやん様

まさやんさん 初めまして。

私、英彦山には出たこと有りませんし、ヒルクライムの大会自体が初めての人間なので、どの山登ってもきついです。(^_^;

参考になりませんね。(笑)

でも英彦山ヒルクライムに出た事有る方が、椿ヶ鼻の方がきついと書かれたブログも有りましたよ。

コメントありがとうございました。( ^o^)

> 英彦山サイクルトライアルよりキツイ感じですかね?(´・ω・`)

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。