スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

避けていた場所その1_完敗

 18, 2014 22:25
こんばんは。

今夜もグダグダ綴ります。



変則シフトの夏季休暇は本日が最終日。

大きな予定は有りませんが、小さな予定がちょこちょことある為、父さんに許された時間は朝8時くらいまでの早朝タイム。

今日も近場に行こうと思って目覚めたのはAM5:30。

今日も準備はそこそこでバナナ1本食べて出発です。
140818 (1)

昨日と同様に大宰府方面に向かいますが、昨日の四王寺への道とはちょっと違う道を走ります。



自転車買って10ヶ月。

買った当初は「貧脚の自分が山なんか登る事はなかろうもん」と思っておりました。

そんな私がここ最近は遅いし苦しいんですが徐々に山に登る様になってきておりました。

そんな私が話しには聞いていたけど避けていた場所がいくつか存在します。

今日はその内の1つにこの道を走って向かっていきます。
140818 (2)


目的地はこちら
140818 (3)

三郡山

wiki先生によると、山頂は飯塚市で糟屋郡宇美町、筑紫野市との境界に位置する三郡山地の最高峰の山の様です。

更に、写真では山頂が雲がかかっておりますが、山頂からは西は福岡市や糸島市、北は玄界灘まで、東は筑豊地区のほぼ全域、南は筑後川流域など耳納山地以北までが見渡せるそうです。

そんな絶景が見渡せそうな山なのに何故避けていたかと言うと、

標高935.9mの山だから。

標高1000m~2000m級の山を登られる方からしたら「何を行っているんだ?」と言われそうですが、貧脚にとっては厳しい山なんです。

我家からの自走コースはこんな感じ。
140818 (13)

10km程走って緩やかに登り始める吉木公民館前の交差点をスタート地点としたらゴールの山頂までは
距離:11.6km
標高差:858m
平均斜度:7.5%
という数字。

初の椿ヶ鼻試走を鑑みれば、当然ながら登れる気はしません。

それでも本日ここに向かったのは、椿ヶ鼻ヒルクライムの試走が出来ない時はここが練習場としてふさわしいのでは無いかと思って、足付き覚悟でやってきました。

コースもうろ覚えで進みます。

最初の5km程は平均斜度も5.3%程度(ルートラボで事後確認です。)なので、貧脚の私でもなんとか登っていけてますが、当然ながら呼吸はハァハァ・ゼェゼェです。

そうするとこんな景色になります。
140818 (4)

「確かここを左に入るはずだったよなぁ」と左の方向に進んで行きます。

更に左に曲がった瞬間から平均勾配が10%を超えてきます。

「ぬぉ~、さすがは避けていた場所・三郡山!ボリュームあるなぁ」とヘロヘロで登ります。

右手に射撃場を見ながら・・・

登った先は何故だか下り・・・

・・・・・

道を間違える。

不必要に500m程無駄に登ってしまいました。

ちょっと引き返して、看板を良く見ると
140818 (5)


三郡山はさっきの分岐を左に入ってから直進だったようです。



気を取り直して登っていくと道は険しくなってきます。
140818 (6)


道には小石や落葉、枯枝が散乱し、とても良い路面状況ではありません。

「これが本当の三郡山かぁ」と登っていくと、三郡山の山頂を目指す道の証拠となるゲートが現れます。
140818 (7)
(これが後に敗者のゲートへと変わります。)

ゲート横のスペースから自転車担いで中に入って登り始めます。

こちらも平均斜度10%超えの坂を登る必要があるようで、先程ムダに登って貧脚の脚力及びおじさんの心肺は悲鳴を上げてます。

ゲートを潜って2km程しか走ってない場所にて・・・

スタっと足付きです。

最近、足付きへの抵抗が無くなって来ている気がします。

走っているときから気にはなっていたんですが、足を付いた瞬間に小さいアブの大群が「こんな所で足付いてんじゃねぇ」と言わんばかりに襲ってくる。
140818 (8)


こんな状況じゃろくに休憩も出来ないので、写真を撮ってから直ぐに出発です。

ハァハァ・ゼェゼェといつもの様に怪しい息遣いで登って行きます。

「一体いつになったらハァハァ・ゼェゼェ言わずに登れる様になるんだろうか?」と考えながら登り続けて、たまに現れるほんの少しの緩い上り区間で呼吸を整えようとするも変わらないハァハァ・ゼェゼェ。

たまに視界が開ける区間でも「山頂の絶景を見るまで景色はお預けだぁ!」とヒルクライムのコツの1つでもある「苦しい時は景色を楽しむ」という事もせずに登っていると、小さいアブと同様に容赦なく激坂が襲ってきます。

更には雲の中に突入したもんだから、追い討ちをかける様に向い風が襲ってきます。

「ふがぁ~、ぬぁ~、この斜度・この疲労でこの風かぁ~

・・・・・

スタっとまたもや足付きです。

この時点で残り3km程。
140818 (9)

雲をちょっと抜けてもまだ見えない山頂らしき場所を眺めながら、

「やはり自分には標高500mを超える山はまだ早いんだろうか?」なんて考えます。

ちょっとまたもや放心状態でしたが、気を持ち直して登り始めます。

が、もう力が残って無いようです。

「このまま行くとハンガーノックか?バナナ1本じゃ足りなかったか?」と考えても今日は補給食を持って来てません。

更にはお金も。

と言っても当然ながらお金を使える場所までは10km程下る必要があります。

気付けば時間は7時45分とお約束時間の8時まで15分しかありません。
(時間があっても更に登る脚力は残ってませんが。)

悔しいけど下山するしか無さそうなので、雲がかかっているし、絶景はまた今度と決めてここから下ります。
140818 (10)

無念

長い長いダウンヒルではペダルを回す事無く進み、上りでは意気揚々と?通ったゲートを帰りは敗者のゲートとして通り抜け、体力温存作戦で我家に帰り着いてから、貧脚父さんを待ち受けていた1つ目のミッションは

芝刈り

霧雨と高温により、雨に濡れること・汗で濡れることが確定しているので、吸湿速乾のサイクルジャージを着たままでの芝刈りです。
140818 (11)


昼までかかった芝刈り&雑草取りの後に待っていた2つ目のミッションは東京から来ていた姉と甥っ子を空港まで送迎です。

息子達も従弟との別れを惜しむお見送りとなりました。



こうして父さんの夏休みは終了です。



本日の走行記録
・走行距離:37.9km
・走行時間:2時間5分
・平均速度:18.1km/h
・獲得標高:875m
140818 (12)

上りの3kmは遠かった・・・



ヒルクライムで始めて山頂まで辿り着けず、夏休みの挑戦は3戦全敗となった私ですが、今後とも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

COMMENT - 4

Mon
2014.08.18
22:37

HIGIRI #-

URL

こんばんは。

お盆の家族サービスと初めてのコース、お疲れ様でした。

三郡山、ヒルクライム大会の練習にはぴったりじゃないですか。
とりあえず、ヒルクライム大会までは練習しかないですねえ。

でも、大会当日も回りの雰囲気に感化されて結構上れるもんですよ。

Edit | Reply | 
Mon
2014.08.18
23:46

keibon #-

URL

Re: HIGIRI様

HIGIRI様へ

こんばんは。

遂に夏休みが終わってしまいました。

三郡山、練習には良い場所なんですが、なかなか厳しい練習になりそうです。(^_^;)

ツールド国東の時みたいに大会の不思議な力が宿ってくれることを祈るしか無さそうです。(笑)

コメントありがとうございました。(^o^)

> こんばんは。
>
> お盆の家族サービスと初めてのコース、お疲れ様でした。
>
> 三郡山、ヒルクライム大会の練習にはぴったりじゃないですか。
> とりあえず、ヒルクライム大会までは練習しかないですねえ。
>
> でも、大会当日も回りの雰囲気に感化されて結構上れるもんですよ。

Edit | Reply | 
Mon
2014.08.18
23:51

kane #-

URL

こんばんは
かなりハードそうなコースですね。今の時期は暑いですが10月の大会は涼しくなっていると思うので多少は楽に登れるんじゃないでしょうか?

Edit | Reply | 
Mon
2014.08.18
23:57

keibon #-

URL

Re: kane様

kane様へ

こんばんは。

このコースもですが、私にはハード過ぎました(;・д・)

気温が低くなって登りやすくなると良いのですが、脚力までも低くならないように気をつけたいです。(笑)

コメントありがとうございました。(^o^)

> こんばんは
> かなりハードそうなコースですね。今の時期は暑いですが10月の大会は涼しくなっていると思うので多少は楽に登れるんじゃないでしょうか?

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。