スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2014_第1回椿ヶ鼻ヒルクライムレース_完走出来ました!

 14, 2014 22:49
こんばんは。

昨日の記事から引っ張る程の内容でも、凄い記録がある訳でも無い大会内容を試走の時の写真を使いながらダラダラと綴ります。



ぱ~ん!
14101217.png

スタート合図と共にガーミンのラップボタンを押して、クリートをバチンとキャッチし漕ぎ出します。

大会前にはスタート位置を最後尾にしてクライマーの皆さんに迷惑を掛けない様にしようと思っていたにも関わらず、流れでグループの中盤辺りからのスタートとなりました。

「いくら自分が遅くても、最初の坂から蛇行はしないし、ちょっと登ればすぐ下りに入るので、真っ直ぐ走ればよかろうもん!」と登ります。

さすがはクライマーの皆さん速いです。

びゅんびゅんと登って行きます。

スタート地点では私の前に居て手を伸ばせば届きそうだった店長さん

あれよあれよと小さくなって行く背中を眺めて、寂しくなりながらもニヤけてしまう私。

店長さんが自分より速い事は分かっているので焦って追う事も無く、流れるBGMと地元の方が送ってくれる声援の中を「これがヒルクライムレースなのねぇ」とワクワクしながら登ります。

びゅんびゅん追い抜かれる中でも、チロチロと数名を追い越します。

「あれ?おかしい。」

抜かれる事はあっても抜く事は無いと思っていた私は、とある事に気付きます。

「ペースがこの前の試走より速すぎるんじゃない?」

と、準備していたバーチャルトレーナーを覗いてみると
141012.png
オフコース!

スタート前の時と画面が変わっておらず。

「機械オンチだからオフコース?(もちろん)ってか?」

と、バカな事を考えながら通常画面に戻して心拍数をみると、やはりオーバーペースで心拍がすでに190bpmでケイデンスは80rpmを超えてます!

「いか~ん!心肺・脚力共に弱い自分が初っ端からこげな数字じゃ、ゴール地点までもたんめぇもん!」

と、早速、気弱な貧脚父さんぶりを発揮して、ケイデンスを下げて心拍数が180bpmになるように試みたのは、最初の上り坂を終えてトンネルに入る直前でした。

この辺りからゆる~く下り始めるので、通常のクライマーさんならタイムを縮める為にペダルを回すんでしょうが、貧脚父さんがペダルを回せば寿命を縮めるだけなので、のんびり走ることを心掛けます。

そうする事で、当然ながらまたもやびゅんびゅんと、抜く方からすると気持ちいい程に千切れる。

27km/h程度で軽く流しながら思います。

「すごいなぁ、あんなに飛ばしてもゴールまで脚がもつんだねぇ。」

びゅん。(抜かれる音)

「そういやぁ、開会式でも下りで飛ばす人と脚を休める人の速度差が大きくなるので、十分に気を付けてと言ってたなぁ。」

びゅん。

「・・・・これは自分との闘いだから、他人は気にするな。」

ゴォ~~!

10人くらいの集団に呑み込まれます。

「ぬぉ~呑まれた~!ここで迷惑掛けたらいかんやろぉ」とムキになって漕ぐこともせずに、集団をやり過ごします。

「これがロングの大会だったら、迷わず流れに乗るけどなぁ」

びゅん

「・・・・・・・・・・」

「抜かれ過ぎ~~~~!」

さっきの集団は遙か前にいってるし、何だか周りが静かなので振り返ると誰もいない。
14101218.png

「こりゃいかんやろぉ」と先ずはガラガラガッシャンとアウターに入れて、続いてガチャン・ガチャンと暴れん坊のSORAちゃんをなだめつつ、リアも重いギアに切り替えて、余力を残してるつもりで30km/hオーバーで走ります。

まるで視界から人が消えてからのぶらり一人旅を避ける様に。
14101219.png

が、疲れる。

ペース配分を間違えて、自分との闘いに負けとる。

そうしていると民家が並ぶ道路にて地元の方が大きな声で声援を送って下さいます。
CIMG3009.png
(この様に試走の時の写真を使っていきます。

中には笛を吹きながら、応援団の様に声援を送ってくれる子供も。

この辺では心拍数も185程度なので、満面の笑みと手を振って声援に応えながら登って行くと、初の試走の時の1回目の足着きポイントが近づきます。
140908 (15)

すると、先ほどまでは寂しかった私の視界がにぎやかになります。

先程、下りで抜かれた人も複数人いらっしゃいます。

「初めての試走の時の足着きポイントはやっぱりネックになるのか?」なんて考えながら登って行き、1人・2人と交わして行き、他人との闘いでは無いとは分かっているはずなのに、「ふぬりゃ~」と先ほど下りで抜かれた人の内の1人目を抜きます。

ここで変な気持ちが目覚めます。

「登りで抜くって、か・い・か・ん!

目の前にいる2人も先ほど下りで抜かれた方々。

「ぬぉ~、登りじゃ負けれんば~い!」と、なんの根拠も無い気迫がみなぎって来て2人をパス。

抜いた快感で天に昇りそうな気持ちで心拍見ると、195bpmとこちらも昇天しそうな数字になってます。

ハァハァ・ハァハァとなっている中、ここを抜けて次の分岐点まで続く平坦路で心拍抑えようと走っていると

坂で抜き返した3人の方々から千切れる。

続いて現れる第2の足着きポイント手前の12%の坂。
CIMG3023.png

ここでも目の前に人が増えます。

そしてまたもや私を抜いた方を2人抜き返し、第2の足着きポイントを過ぎた時に1人のローディーが足を着いており、クリートキャッチが出来ない状況。

良く見るとこの方、女性。

そっと優しく手を差し伸べて、「一緒に頑張りましょう!」なんて言えるガラでも無いし、そんな余裕も無いほど、ハァハァ言ってますので、「おいちゃんも頑張るけん、負けずに頑張れ~!」と心の中で応援して先を急ぎます。

そしてまたもや1人パスして、覚えてしまった快感をサルの様に繰返し、息を切らせながら、抜き返された3人の内の最後の1人をまたもやパスして、3回目の試走の時に鬼店長に追われた平坦区間に突入します。
CIMG3849.png
(あの時は鬼に食べられました。w)

ここは民家が数件ならんでおり、またもや地元の方が声援を送ってくれて、笑顔と手を振って応えますが、ここではもう満面の笑みは無くひきつった笑顔になってた事でしょう。

すると三度、先ほど抜き返した3人の内の2人のお方に抜かれます。

この時点で「この方達とはゴールまで抜きつ抜かれつになるんだろうな」と悟りながら、心拍と気持ちを抑えます。

何故なら、この分岐点を右に曲がると私にとっての本当の地獄が待っているから。
CIMG3029.png


曲がった先の11%の坂にて目線を先にやれば、Team UKYOの狩野選手が応援して下さっていました。

爽やかな笑顔の狩野選手と目が合い、悶絶寸前で渾身の笑顔を狩野選手に返して先ほど抜かれた2人をパスして、第3の足着きポイントに近付きます。

ここの激坂でもワサっと人が増えます。
14101220.png


この激坂の前のほんのちょっとの平坦に近い区間で先ほど抜き返した方の内の1人に本日、4度も抜かれます。

「ふぬ~、手強いですねぇ~、あなたとの勝負はこの激坂なんでしょうね」なんて思いながら、この方の番号を覚えて心を鎮めます。
(ゴール直後には記憶が飛んで番号忘れましたが。)

第3の足着きポイントとなる15%の坂。
CIMG3032.png

それを超えても12%の坂が続く第4の足着きポイント。
CIMG3034.png

「ふぃ~~、さぁ登るかねぇ~

と、この大会のクライマックスとも言える激坂区間に臨みます。

「ふぬりゃぁ~!」と15%の坂に突入です。

先ずは、いつの間にか私の中でのライバルとなった方との闘いを制して登って行きます。

やはり激坂区間、第4の足着きポイントでは蛇行する人、足を着く人が視界に入ってきます。

心拍200まで後が無い私も「試走して無かったら、蛇行した後に足着いただろうなぁ」と
CIMG3035.png
この時の記憶が蘇りながらも先に進みます。

するとゴールまで残り300mの看板が・・・・

台風19号の影響でゴールが1km手前になったのは前日から分かっておりましたが、私が予想していた場所よりかなり手前だったようです。

この激坂区間を抜けて右折してから風車が見えてが勝負所と勝手に思っていた、相変わらずのリサーチ不足の私はちょっとしたパニック状態。

「えっ?まだゴールまでは遠いやろぉ!」

「えっ?自分の距離感がこんなにおかしくなったのか?」

それでも看板は200mとゴールまでの距離が縮まります。

更に声援を送って下さる方が「ここ抜けたらゴールが見えるよぉ~!」って。

「やはり、ゴールはすぐそこなのね。」

目の前には団子状態で3人、その先に1人×2と5人の方が前にいます。

最初から最後までペース配分を間違えた私は「これで最後だ」とペダルを回します。

カンカンとギアを重くする訳でも無く、この大会で一番出番のあったインナーローの27Tちゃんと最後まで一緒に進みます。

軽いギアでケイデンスを上げて3人の団子状態の抜け、更に回して前方の1人を抜き、白目剥く直前で残りの1人に追いつきます。
141012_103753.png
(店長さんが撮ってくれてましたので拝借致しました。)

が、自転車半分程の差を縮められずにゴールとなりました。
14101221.png

くたばったオヤジの絵

しばらくはハァハァ・ゼェゼェ状態が止まりませんでした。

その後は店長さんと一緒に表彰式に参加します。

地元の方の太鼓の演武を見ながら
14101224.png


地元の食材を使用した「しし鍋」を頂きながら
14101222.png


店長さんのお知り合いの方や、kattak@さんのお知り合いの方が多く表彰されるなか
(すいません、リンクしちゃいました。)

各グループのチャンピオンだけに着る事が許されるチャンピオンジャージを見て、
14101225.png

「いつかあのジャージを着れたらなぁ」と叶いもしない事を考えながら、台風が接近する前に山を下りました。
14101230.png


その後は参加賞を受け取って
14101231.png


店長さんとまたどこかで走れる事を誓って、楽しかった人生初のヒルクライムレース会場を後にしました。

そんな、楽しかった大会の結果は記事同様にグダグダの47分台でした。

順位は当然ながら下のほうでしょうが、足を着かずにクライマーの方に迷惑もかけずに、楽しんで完走出来た事に喜びを感じております。

ツールド国東に次ぐ、2回目の自転車イベントで第1回目となったこの大会、地元の方の協力と温かい声援のおかげで楽しいイベントとなりました。

ありがとうございました。



こんな結果の内容の記事を2回に分けて引っ張ってしまったので、さっさと昨日の夜に記事を書き終えようと思いましたが、夕飯の鍋で参加賞の柚子胡椒と焼酎(ビールは余計?)を頂いて、当然の様に寝落ち決定でした。
CIMG4045.png
(ストレートがうまいって書いてあったので、ストレートで頂きました。全部じゃないですよ。)



弱い(遅い)犬(私)程良く吠える(グダグダ記事書く)と思った私ですが、今後とも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



↓宜しければおひとつ↓
ポチっとして下さるとちょっとはブログ頑張るだろ~ぜ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

COMMENT - 14

Tue
2014.10.14
23:38

Teruc #-

URL

レース楽しめたようで何よりです。ゴール前の写真カッコよく写ってますね^_^ keibonさんは手足長いからロード似合いますね

Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
01:40

だいらっく #-

URL

お疲れさまでした!実はせっかくなので探してお話したいなとおもっていたのですが、探せませんでした(僕も含めてやはりジャイアント多く判別できず)やはりみなさん速かったですね・・。
ほんと地元の方の応援には心を打たれましたね。
ぜひとも来年も参加したい!そう思える大会でした。
 あんなにきつかったのに、すでにまた登りたいと思う感覚・・。おそらくKeibonも同じではないでしょうか?お互いに来年はさらなるタイムアップを目指しましょう!!!
 ほんとうにお疲れ様でした♪

Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
07:22

kattak@ #-

URL

おはようございます。
写真いっぱいで見やすくて良いですね。
ワタシは今回応援のヒトが撮ってくれたのでなんとか貼れましたが、普段のレースレポートならスタート&ゴールくらいですもんw
お疲れ様でした。

Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
11:41

喫煙ライダー #VWFaYlLU

URL

おつかれ様でした(^^)

台風が心配でしたが無事
開催された様で良かったですね

本番で見事にタイム縮めるなんて
すごいですね( ̄O ̄;)

ライバル出現が良かったかも(笑)

それに第一回の大会なのに地元の
方の声援があるなんてすごいなぁ

皆さん気持ち良く走れたでしょうね(^^)

私も大会楽しめる様練習しなきゃ
(; ̄ェ ̄)

あっ!センチュリーライド
17日まで受付してますよ(笑)

Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
12:47

HIGIRI #-

URL

無事完走、おめでとうございます。

やっぱり、周囲に走っている人がいたら
雰囲気もあって、普段以上のパワーで走りきれるものですよ。

目の前に走っている方がいれば、
尚のこと、追いつきたい!って思いますし。

そして、上りで抜く事のカイカンを知ってもらって何よりです(笑)

あ~、ヒルクライム大会出たい~(^^♪


Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
18:49

ハ~トの店長 #-

URL

Keibonさんの文章は読みやすいですねぇ。
ワタクシのとは大違いです。ついつい読み込んでしまいます。
レースの疲れは癒えたでしょうか?
やっぱりあの雰囲気がいいですよね、独特の緊張感!
失うモノは何もないんでガムシャラに漕ぐだけですけどね。
お互いまだまだ鍛えて、またどこかの大会でお会いしましょう!
あ、いつか練習走行でもよろしくおねがいしときます!!

Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
22:26

keibon #-

URL

Re: teruc様

terucさん こんばんは。

レース楽しかったですよぉ!
遅いけど(^_^;)

凄くきつくても、速度違えど皆さんきつい中走られてますし、地元の方も声援送って下さいますから、もがきながらも楽しく登れました!

ゴール瞬間の写真は、自分はカマキリを想像しちゃいましたよ。(;^_^A

コメントありがとうございました。( ^o^)

> レース楽しめたようで何よりです。ゴール前の写真カッコよく写ってますね^_^ keibonさんは手足長いからロード似合いますね

Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
22:35

keibon #-

URL

Re: だいらっく様

だいらっくさん こんばんは。

だいらっくさんもお疲れさまでした!

地元の方の応援には本当に心をうたれ、元気が沸いてきましたよね(^o^)
来年も参加したいですねぇ。
(ツールド佐伯も捨てがたいですけど^_^;)

実は、私もキョロキョロとジャイアントの自転車探してましたが、仰るようにジャイアント多かったですねぇ。

大会では会えませんでしたが、家もそう遠くは無いでしょうから、いつか一緒に走りましょうね!

だいらっくさんの記録みたら、私が千切られるのは必至ですけどね。(;゚д゚)

コメントありがとうございました。( ^o^)

> お疲れさまでした!実はせっかくなので探してお話したいなとおもっていたのですが、探せませんでした(僕も含めてやはりジャイアント多く判別できず)やはりみなさん速かったですね・・。
> ほんと地元の方の応援には心を打たれましたね。
> ぜひとも来年も参加したい!そう思える大会でした。
>  あんなにきつかったのに、すでにまた登りたいと思う感覚・・。おそらくKeibonも同じではないでしょうか?お互いに来年はさらなるタイムアップを目指しましょう!!!
>  ほんとうにお疲れ様でした♪

Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
22:58

keibon #-

URL

Re: kattak@様

kattak@さん こんばんは。

3回の試走で写真も結構撮ってたので、使ってなかった写真も本番でやっと日の目を見ることが出来たようです。(^.^)
試走の成果はここが一番だったかもです。(笑)

スタート前も写真をとりまくってたので、当然ながら背中のポケットにはカメラと携帯が入ってるという、クライマーならぬブロガーとしてのレース参加になってました。m(_ _)m

こんなんだから、クライマーにはなれないんでしょうね。(^_^;)
でも、読みやすいと言って頂けて、嬉しかったです!

コメントありがとうございました。( ^o^)
> おはようございます。
> 写真いっぱいで見やすくて良いですね。
> ワタシは今回応援のヒトが撮ってくれたのでなんとか貼れましたが、普段のレースレポートならスタート&ゴールくらいですもんw
> お疲れ様でした。

Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
23:08

keibon #-

URL

Re: 喫煙ライダー様

喫煙ライダーさん こんばんは。

ありがとうございます!
台風も奇跡的に時間をずらしてくれて、楽しい大会となりましたぁ!

タイム縮めるというより、ゴール迄の距離が縮まりましたからねぇ。あのまま行っても縮められたかどうかは、微妙です。^_^;

ツールド国東でもそうでしたが、大会での地元の方の声援は本当に嬉しいもんですよ!

喫煙ライダーさんの大会も間もなくですね!
センチュリーはエイドと列車が醍醐味だと思いますよぉ!
コメント頂いた方からの受け売りですが。(笑)

コメントありがとうございました。( ^o^)
> おつかれ様でした(^^)
>
> 台風が心配でしたが無事
> 開催された様で良かったですね
>
> 本番で見事にタイム縮めるなんて
> すごいですね( ̄O ̄;)
>
> ライバル出現が良かったかも(笑)
>
> それに第一回の大会なのに地元の
> 方の声援があるなんてすごいなぁ
>
> 皆さん気持ち良く走れたでしょうね(^^)
>
> 私も大会楽しめる様練習しなきゃ
> (; ̄ェ ̄)
>
> あっ!センチュリーライド
> 17日まで受付してますよ(笑)

Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
23:15

keibon #-

URL

Re: HIGIRI様

HIGIRIさん こんばんは。

ありがとうございます!
無事に完走する事が出来ました。(^_^)

ヒルクライムレースでは速度違えど、皆がきつい思いをして走っているので、地元の方の声援だけでは無く、他の選手からも力をもらってる気がしますね!

いつも千切れる事になれてしまった私も、新境地の快感を沢山味わえるように精進します。(笑)

コメントありがとうございました。( ^o^)

> 無事完走、おめでとうございます。
>
> やっぱり、周囲に走っている人がいたら
> 雰囲気もあって、普段以上のパワーで走りきれるものですよ。
>
> 目の前に走っている方がいれば、
> 尚のこと、追いつきたい!って思いますし。
>
> そして、上りで抜く事のカイカンを知ってもらって何よりです(笑)
>
> あ~、ヒルクライム大会出たい~(^^♪

Edit | Reply | 
Wed
2014.10.15
23:26

keibon #-

URL

Re: ハ~トの店長様

店長さん こんばんは。

こんなグダグダ記事をお褒め頂き、ありがとうございます。m(_ _)m
お世辞じゃなく、店長さんのブログ読みやすいですよぉ!
店長さんのブログ見て、自分はグダグダ書きすぎたなと思っちゃいましたし。^_^;

いや~、本当に楽しかったです!
激坂でもがいてるときに頂く声援のありがたみを強く感じるのは、ヒルクライムならではかもですね!

でも、一番楽しめたのは、周りに知人がいらっしゃる中で、一人ぼっちの私に付き合って下さった店長さんのおかげだったと思ってます。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

是非ともまたご一緒させて下さい。
お酒でも良いですよぉ!(笑)

コメントありがとうございました。( ^o^)

> Keibonさんの文章は読みやすいですねぇ。
> ワタクシのとは大違いです。ついつい読み込んでしまいます。
> レースの疲れは癒えたでしょうか?
> やっぱりあの雰囲気がいいですよね、独特の緊張感!
> 失うモノは何もないんでガムシャラに漕ぐだけですけどね。
> お互いまだまだ鍛えて、またどこかの大会でお会いしましょう!
> あ、いつか練習走行でもよろしくおねがいしときます!!

Edit | Reply | 
Thu
2014.10.16
22:05

もりっちー #-

URL

たびたび書き込みすみません(;^_^A
ヒルクライムの興奮がなかなか覚めませんね

YouTubeでぼちぼち椿ケ鼻ヒルクライムのレース画像が出てきていますよ

Edit | Reply | 
Thu
2014.10.16
23:22

keibon #-

URL

Re: もりっちー様

もりっちーさん こんばんは。

いえいえ、何度でも書き込んで頂いて結構ですよぉ!
むしろwelcome(笑)

大会出た後ってしばらく余韻が残っちゃいますよね^_^;
まだ、動画は見てませんので時間がある時に見てみます!
寝落ちに気をつけないとですが。(^_^;)

もりっちーさんとモリッシーさんは同一人物ですよね?
違ってたらすいません。

コメントありがとうございました。( ^o^)

> たびたび書き込みすみません(;^_^A
> ヒルクライムの興奮がなかなか覚めませんね
>
> YouTubeでぼちぼち椿ケ鼻ヒルクライムのレース画像が出てきていますよ

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。